2017年12月25日

日本の新エネ機構、広東省で省エネ実証事業を開始。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月26日に、国立研究開発法人であるNEDO(New Energy and Industrial Technology Development Organization/新エネルギー・産業技術総合開発機構)は2017年12月25日に、広東省のアルミ製品と紡績の2工場で、日本企業3社と共同して省エネ実証事業を開始したと発表したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

NEDOと共同で事業を行うのは、計測・制御機器メーカー大手の横河電機、総合情報サービス企業の日本総合研究所、東京電力ホールディングスの3社。

この4社・機構は、広東省の2工場で、一部既存設備を省エネ設備に更新するほか、エネルギー需要を高度に制御し、生産効率を高めながら、大幅な省エネを実現するEMS(Energy Management System/エネルギーマネジメントシステム)を導入して、その有効性を検証する。

今回の実証事業は、日本の高度なEMSが中国においても有効に稼働することを実証し、日本の先進技術のモデルケースとなることを目指す狙いがあるという。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告