gaYa広告

2017年12月25日

三菱商事、ホーチミン市でマンション開発に参画。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月25日に、三菱商事は、フックカン(Phuoc Khanh)投資建設社がホーチミン(Ho Chi Minh)市8区で進めるマンション開発に参画すると報告した。

三菱商事にとってベトナム南部で初の住宅開発で、フックカンにとっても初めて外資と組んで開発するプロジェクトとなる。

事業費は数十億円規模。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

三菱商事が参画する「ダイヤモンド・ロータス・リバーサイド(Diamond Lotus Riverside)」は1区中心部から4kmの距離にあるレクアンキム(Le QuangKim)通りで建設中。22階建て3棟のうち総戸数400戸前後の3棟目を共同で進め、完成は来年を見込む。三菱商事とフックカンによる合弁会社フックカン三菱社がデベロッパーとなる。三菱商事の出資比率は49%

3棟目はワンベッドルーム主体で1戸当たりの平均面積は50平方m程度。販売価格は未発表だが、若い中間層世帯で、初めて不動産を購入する「一次取得者」がターゲットとなる。ホーチミン市の住宅市場の中心は面積の小さい実需向けに移っており、その流れをとらえる。

フックカンは2009年設立で南部を中心に住宅を開発しており、環境配慮型の開発が特色。ダイヤモンド・ロータス・リバーサイドも環境に配慮した建物の評価・認証システムである米国のLEED(Leadership in Energy & Environmental Design)を取得する国内初のマンションとなる。敷地の約半分を緑地とするほか、電動自転車の充電設備も導入する。

三菱商事とフックカン投資建設社は2017年12月24日、ホーチミン市で合弁契約書を締結した。フックカンのリュー・ティ・タイン・マウ(Luu Thi Thanh Mau)最高経営責任者(CEO)は締結式で「三菱商事からビジネス哲学や文化を学び、長期的関係を築きたい」とした上で「グリーンコミュニティー、スマートシティー(Green Community Smartcity)」開発への熱意を強調した。

来賓としてあいさつしたVCCI(Vietnam Chamber of Commerce and Industry/ベトナム商工会議所)のブー・ティエン・ロック会頭兼社長(Vu Tien Loc Chairman and President)は、新興企業のフックカンとベトナムで長期的に事業基盤を築こうとする三菱商事の協業に賛意を示し、一層の日越の企業間連携に期待感を表明した。

ベトナム三菱商事の舩山徹社長はNNAに、「フックカンが差別化を図っている環境という側面に、三菱商事全体として期待に応えたい」と語った。

両社は合弁会社を通じてホーチミン市圏で新たなプロジェクトも検討を進める方針で、「今回のプロジェクトがベトナムで街づくりを進める第一歩になれば」と、さらなる不動産開発に意欲を示した。三菱商事はハノイで地場ビンミン生産経営輸出入社(ビテクスコ)グループと住宅などの複合開発を進めている。

ただし、肝心なことになると、全てベトナム語になり、理解できなくなるのが心配である。

読んでいくと、頭の芯が痛くなる。

「ダイヤモンド・ロータス・リバーサイド(Diamond Lotus Riverside)」予定地の緯度、経度
10°44'58.4"N 106°40'47.4"E

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告