gaYa広告

2017年12月24日

世界最大の水陸両用機

未来戦争と平和

AFPは、中国でクリスマス・イブの2017年12月24日に、中国製で世界最大の水陸両用機「AG600」が初飛行に成功したと報告した。

中国の国営新華社(Xinhua)通信によると、かつてJL-600(Jiāo Long 600/蛟龙600/蛟龍600)と呼称され、「クンロン(九龍/Kunlong)」というコードネームが付けられた機体は南部広東(Guangdong)省珠海(Zhuhai)を離陸し、約1時間飛行した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

「AG600」は翼幅38.8mで、ターボ・プロップ・エンジンを4基搭載している。定員は50人で、最大滞空時間は12時間。

設計主任の黄領才(Huang Lingcai)は新華社通信に対し「初飛行の成功で、中国は大型水陸両用機を開発可能な世界有数の国となった」と述べた。

また新華社通信は、「AG600」は軍事利用も可能だが、消火活動や海難救助にも使用できるとし、製造元の国有AVIC(中国航空工業集団/中航工業)にはこれまでに少なくとも17機の注文が入っていると報じている。

「AG600」は、中国が南シナ海(South China Sea)で造成などを進めている人工島の全てをその航続距離内に収めている。

一部には、日本の新明和US-2のコピーだという噂もある。

專案里程碑:

2017/12/24:B-002A號機成功首飛。

2017/12/7:取得特種飛航許可。

2017/5/20:完成地面低速試滑。

2017/4/29:完成地面試滑。

2016/7/23:完成全機最終組裝出廠。

2014/7/27:設計工作完成。

2014/5:進入工程製造階段。

2013/7:啟動合格審查。

2012/10/22:中航工業通用飛機與西安飛機工業簽署中機身、中央翼、外翼部件段研發框架協議。

2009/9/5:啟動「大型滅火/水上救援水陸兩棲飛機」研發專案。

1947-11-02---ジャンボやエアバスA380より翼幅があったH−4の初飛行テスト。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。