on-the-time.jp

2017年12月23日

米国連邦地裁、難民家族らに対する入国規制の解除を命令!

犯罪と裁判

AFPは2017年12月24日に、米国のワシントン州シアトルの連邦地方裁判所は2017年12月23日に、トランプ政権による特定国からの難民の入国規制を解除するよう命じた。ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が就任後に打ち出した移民関連政策は、これまでにも相次いで司法に差し止められている。

米国ではトランプ大統領が出した難民の入国を一時禁止する大統領令が10月に失効した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

120日ぶりに難民の受け入れを再開したが、イスラム圏を中心とした11カ国については「危険性が高い」とされ、引き続き受け入れが制限されていた。

これには、賛否両論があった。
BBC Newsは2017年02月05日、ビデオで、その賛否の意見を公開してる。

ヨーロッパのジャーナリズムは、必ず両方の意見を掲載する。
日本やアメリカの場合は、ときどき、片方だけの意見を掲載し、混乱を拡大するが、これは扇動という、マスコミの犯罪である。

同じ数だけ、両方から意見を掲載するのがジャーナリズムである。

それができないなら、それはすでに新聞ではなく、プロパガンダのビラである。

だが、シアトル連邦地裁のジェームズ・ロバート(James Robart)判事は2017年12月23日に、入国禁止令の仮差し止めを求めて起こされていた2件の訴訟に対する判決で、既に米国で難民認定を受けた人の配偶者や未婚の子どもたちについても受け入れ手続きを再開するよう米国政府に求め、さらに、こうした難民の家族や、米国内の人物または団体と「真正な関係」があると認められた難民については「危険性が高い」とされた11カ国の出身者であっても、難民としての受け入れ手続きを行うよう命じた。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告