on-the-time.jp

2017年12月18日

北京市が自動運転試験ルール公布。

犯罪と裁判研究調査

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月20日に、北京市交通委員会(北京市公安局公安交通管理局/Bejing Municipal Commission of Transport)、北京市経済情報委員会(北京市经济和信息化委员会/Bejing Municipal Commission of Economy and InformationTechnology)など3部門は2017年12月18日に、自動運転自動車の路上走行試験に関する指導意見と実施ルールを公布したと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

市内での路上試験に対する要求を明確化することでR&D(Research and development/研究開発)や試験実施を促し、自動運転車の普及を後押しする狙いがある。

北京商報(北京商报网)は2017年12月19日に、専門家は「中国国外では自動運転車の路上試験が(当局から)許可されている都市が存在する」と指摘した上で、「国内で自動運転車の路上試験に対して具体的な政策文書が出るのは今回が初めてとなる」と述べた。

専門家や業界関係者は北京でのルール導入がその他の都市での政策制定を促し、無人運転車を含む巨大なスマートカー市場の形成につながるものと期待している。

研究機関の統計によると、自動運転車の全世界での販売台数は2035年に約1,180万台に達すると予測し、うち中国市場の販売は約280万台で、全体の2割以上を占めるとみられている。

指導意見と実施ルールは、試験実施時の運転手の乗車を義務付けており、車両が無人の状態での路上走行試験実施は認めないとした。

このほか、試験車両が搭載していなければならない機能や、試験担当者となる運転手が満たしていなければならない条件などを明文化した。

試験車両は自動運転と運転手の操作による運転(有人運転)の両方が可能で、自動運転システムが故障したり、警告が出たりした場合、瞬時に有人運転に切り替えられなければならないほか、車両衝突時やシステムエラー時のデータを記録する装置や、緊急ブレーキ機能の搭載も義務付けた。

また、試験実施に際して実施企業は、最低500万元(約8,500万円)の自動車損害賠償責任保険に加入するか、最低500万元分の賠償保証書を提出しなければならない。

運転手に対しては、3年以上安全運転を保っている運転免許保持者であること、自動運転システムの操作を50時間以上行った経験があることなどを要求している。

人民日報系のニュースサイト人民網によると、自動運転車の路上走行試験の実施を許可する道路の第1弾は近々、北京市交通管理部門から発表される予定と伝えている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告