gaYa広告

2017年12月17日

ミャンマーの伝統工芸品張り子細工、日本に輸出へ!

アート観光

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月18日に、ミャンマー政府系英字紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(The Global New Light Of Myanmar)が2017年12月17日に、ミャンマーの伝統工芸品の一つ、張り子細工の置物が日本に輸出される見通しになったと伝えたと報告した。

詳細は伝えられていないが、コンテナ2本分を海上輸送するという。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

北西部ザガイン(စစ်ကိုင်းမြို့/Sagaing)管区のザガインとミングン(မင်းကွန်း/Mingun)、最大都市ヤンゴンの業者が、輸出向け張り子細工の製作に取り組んでいる。

ミャンマー各地では信仰対象であるナッ(နတ်/Nat/精霊)や動物などをかたどった張り子細工の置物が作られ、外国人観光客らの土産物としても人気がある。

私は、ビルマで漆塗りのアヒルの入れ物を買ったが、張り子細工は知らなかった。

張り子細工は、昔から実家の商売に関係があり、安産のお守り張り子の犬を売っていた。
また、草加の張り子も知人の奥さんが作っていたので、一つ持っているが、ポルノ細工の張り子である。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。