2017年12月13日

ニュージーランドで、「怪物」サイズのペンギンの化石発見!

自然超過去

AFPは2017年12月13日に、ニュージーランドで体長170cmに達する新種の巨大ペンギンの化石が発見されたと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

オンライン科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)が2017年12月12日、論文を掲載した。

A Paleocene penguin from New Zealand substantiates multiple origins of gigantism in fossil Sphenisciformes
Gerald Mayr,
R. Paul Scofield,
Vanesa L. De Pietri &
Alan J. D. Tennyson

Nature Communications 8, Article number: 1927 (2017)
doi:10.1038/s41467-017-01959-6
Received:04 July 2017
Accepted:26 October 2017
Published online:12 December 2017

巨大な骨格から、学名には同国先住民マオリ(Maori)の言葉で「怪物鳥」を意味する「クミマヌ(kumimanu)」という単語が取り入れられた。

論文によれば、見つかった巨大ペンギンは体長170cm、体重100kgに達し、絶滅したペンギン種では世界最大級と考えられる。現代のペンギンが小鳥のように見える大きさと表現している。

ペンギンを見慣れていない私にとって、皇帝ペンギンの大きさとどれほど違うのかもわからない。

ドイツのフランクフルトにあるゼンケンベルク研究所(Senckenberg Research Institute)に所属する古生物学者で、この論文の共著者であるゲラルト・マイヤー(Gerald Mayr)は「ごく初期の形態ですら、これほど巨大になっていたのは驚くべきこと」だと述べている。

今回見つかった種は今から5500万〜6000万年前の暁新世後期に生息していたとみられる。

ゲラルト・マイヤーのチームが化石を発見したのは、ニュージーランド南島(South Island)のオタゴ(Otago)。

同島はかつて多くの巨大鳥類が生息していた場所で、以前にも先史時代の巨大ペンギン2羽の化石が発見されたが、いずれも「クミマヌ」よりわずかに小さかった。

ゲラルト・マイヤーらは、これらのペンギンは飛ぶ能力がなかった結果として巨大化したとの見方を示している。また絶滅の原因としては、アザラシやハクジラなど他の海洋捕食動物の出現が考えられるという。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。