gaYa広告

2017年12月13日

ニュージーランドで、「怪物」サイズのペンギンの化石発見!

自然超過去

AFPは2017年12月13日に、ニュージーランドで体長170cmに達する新種の巨大ペンギンの化石が発見されたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

オンライン科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)が2017年12月12日、論文を掲載した。

A Paleocene penguin from New Zealand substantiates multiple origins of gigantism in fossil Sphenisciformes
Gerald Mayr,
R. Paul Scofield,
Vanesa L. De Pietri &
Alan J. D. Tennyson

Nature Communications 8, Article number: 1927 (2017)
doi:10.1038/s41467-017-01959-6
Received:04 July 2017
Accepted:26 October 2017
Published online:12 December 2017

巨大な骨格から、学名には同国先住民マオリ(Maori)の言葉で「怪物鳥」を意味する「クミマヌ(kumimanu)」という単語が取り入れられた。

論文によれば、見つかった巨大ペンギンは体長170cm、体重100kgに達し、絶滅したペンギン種では世界最大級と考えられる。現代のペンギンが小鳥のように見える大きさと表現している。

ペンギンを見慣れていない私にとって、皇帝ペンギンの大きさとどれほど違うのかもわからない。

ドイツのフランクフルトにあるゼンケンベルク研究所(Senckenberg Research Institute)に所属する古生物学者で、この論文の共著者であるゲラルト・マイヤー(Gerald Mayr)は「ごく初期の形態ですら、これほど巨大になっていたのは驚くべきこと」だと述べている。

今回見つかった種は今から5500万〜6000万年前の暁新世後期に生息していたとみられる。

ゲラルト・マイヤーのチームが化石を発見したのは、ニュージーランド南島(South Island)のオタゴ(Otago)。

同島はかつて多くの巨大鳥類が生息していた場所で、以前にも先史時代の巨大ペンギン2羽の化石が発見されたが、いずれも「クミマヌ」よりわずかに小さかった。

ゲラルト・マイヤーらは、これらのペンギンは飛ぶ能力がなかった結果として巨大化したとの見方を示している。また絶滅の原因としては、アザラシやハクジラなど他の海洋捕食動物の出現が考えられるという。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。