2017年12月07日

ロッテベトナム、菓子部門で最優秀ブランド。どうした日本!

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月11日に、ロッテベトナムは2017年12月07日に、マレーシア発祥のブランドアワード「ブランドローリエート(BrandLaureate」のFMCG(Fast-Moving Consumer Goods/日用消費財)菓子部門で最優秀賞を受賞した。ホーチミン(Ho Chi Minh)市内で2017年12月07日に、授賞式が開かれた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

ブランドローリエートは、マレーシアのマハティール・ビン・モハマド(Mahathir bin Mohamad/1925 - )元首相の非営利財団「APBF(Asia Pacific Brand Foundation/アジア・パシフィック・ブランド・ファンデーション)」が設立した民間NPO(non-profit organization非営利団体)が主催している。アジアを中心に各国で活躍したブランドに対して貢献をたたえる目的があり、マレーシア以外では今回のベトナムが初開催となった。

ロッテベトナム(Lotte Vietnam)は、虫歯予防の付加価値を付けた看板商品「XYLITOL(キシリトール)」ガムが、国内のガム市場で2016年度の年間シェア1位となり、2017年度もトップを維持している。

ロッテベトナムは15年以降、ロッテ本社が掲げる「マーケティング・オリエンテッド(Marketing Oriented)」の方針の下、消費者インサイトを探りながら、企業が購買を促す「プッシュ型」から消費者のニーズに応じた「プル型」へと切り替え、ブランド価値に重点を置いてきた。

ロッテベトナムの山田暁大社長は、「『手軽においしく虫歯予防』という価値を提供することで微力ながら社会貢献ができればと思っている。今回の賞を将来への通過点と考え、今後さらにベトナムの消費者から必要とされる企業を目指していく」とコメントした。

このほかの部門でブランドローリエートを受賞したのは、金融・銀行サービスでVCB(Vietcombank/ベトコムバンク)、FMCG栄養部門でビナミルク(VINAMILK)、イノベーション・IT部門でFPT、不動産部門でケッペル・ランド(Keppel Land)、ライフスタイル・ファッション部門でアンフオック・グループ(An Phuoc Group)など。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。