gaYa広告

2017年12月07日

中国と、モルディブがFTAに署名。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月11日に、中国とモルディブ(马尔代夫)の両政府は北京の人民大会堂で2017年12月07日に、FTA(自由贸易协定/自由貿易協定)に署名したと報告した。

FTAの署名には、中国の国家主席習近平(习近平/President Xi Jinping)とモルディブ(Republic of Maldives)のアブドゥラ・ヤミーン(އަބްދުﷲ ޔާމީން އަބްދުލް ގައްޔޫމް‎/Abdulla Yameen Abdul Gayoom/アブドゥラ・ヤミーン・アブドル・ガユーム)大統領が立ち会った。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

このFTAは2015年12月から交渉を開始し、2017年09月に妥結していた。
今後は両国それぞれの国内批准手続きを経て発効する。
中国にとっては16件目、モルディブにとっては初めて署名するFTAとなることから、中华人民共和国商务部(中国商務省)は「中国企業は他国よりも優遇された条件でモルディブ市場に参入できる。」と強調した。

ただし、国際的には、モルディブが経済的にFTAを必要としない国ということだろう。

発効後は、モルディブが中国から輸入する品目の95.6%が8年以内に、中国がモルディブから輸入する品目の95.4%が5年以内にゼロ関税化される。

協定にはこのほかサービス貿易や投資、経済技術協力などに関する内容が盛り込まれた。

特に観光分野では中国がモルディブの旅行会社へ市場を開放し、上海および天津の自由貿易試験区(自貿区)、または北京市に設立する合弁会社を通じて中国人向けに海外旅行販売を行うことを認める。モルディブ側も、中国資本に対してホテルやレストラン、バー、カフェなどの市場を開放する。中国からモルディブへは毎年30万人以上が観光へ訪れ、モルディブにとって7年連続で最大の送客国となっている。

美味しい中華の海鮮料理店ができればいいが---

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。