on-the-time.jp

2017年12月09日

古代エジプトの重要人物か?ルクソール近郊の墓でミイラ1体発見!

超過去

AFPは2017年12月10日に、エジプト考古省(Ministry of Antiquities, the Arab Republic of Egypt)は、同国の考古学者が南部ルクソール(Luxor)からナイル(Nile)川を隔てた地域にあるこれまで探索されていなかった墓2つのうち1つからミイラ1体が発見されたと述べたと報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

同省によると、この墓は1990年代にドイツの考古学者フレデリカ・カンプ(Frederica Kampp)により発見されていたものの、フレデリカ・カンプは入り口の門まで到達したのみで「内部には入っていなかった」という。

フレデリカ・カンプの推定によるとミイラは約3000年前まで数世紀続いた新王国(New Kingdom/紀元前16世紀〜11世紀)時代のものとみられる。

今回のミイラ発見の発表は、エジプトのハレド・イナニ・エズ(Khaled el-Enany Ezz)考古相(Minister of Antiquities, the Arab Republic of Egypt)により、ルクソールの有名な「王家の谷(Valley of the Kings)」に近いドゥラ・アブル・ナガ(Draa Abul Nagaa)墓群で行われた。

エジプト考古省は、考古学者が墓の内部で葬儀用品のほか「亜麻布に包まれたミイラ」を発見したと述べ、ミイラの身元は判明していないものの「研究結果によると、このミイラは当時の高位の役人、または有力者だった可能性がある」と付け加えた。

どれくらいの葬儀用品で、未盗掘か?どうかで、価値は変わることだろう。しかし、それらの情報はなかった。

ただし、王家の谷に向かう途中には、多くの枝分かれした道があり、それらの多くはまだ未発掘の墓があると言われている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告