on-the-time.jp

2017年12月09日

古代エジプトの重要人物か?ルクソール近郊の墓でミイラ1体発見!

超過去

AFPは2017年12月10日に、エジプト考古省(Ministry of Antiquities, the Arab Republic of Egypt)は、同国の考古学者が南部ルクソール(Luxor)からナイル(Nile)川を隔てた地域にあるこれまで探索されていなかった墓2つのうち1つからミイラ1体が発見されたと述べたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

同省によると、この墓は1990年代にドイツの考古学者フレデリカ・カンプ(Frederica Kampp)により発見されていたものの、フレデリカ・カンプは入り口の門まで到達したのみで「内部には入っていなかった」という。

フレデリカ・カンプの推定によるとミイラは約3000年前まで数世紀続いた新王国(New Kingdom/紀元前16世紀〜11世紀)時代のものとみられる。

今回のミイラ発見の発表は、エジプトのハレド・イナニ・エズ(Khaled el-Enany Ezz)考古相(Minister of Antiquities, the Arab Republic of Egypt)により、ルクソールの有名な「王家の谷(Valley of the Kings)」に近いドゥラ・アブル・ナガ(Draa Abul Nagaa)墓群で行われた。

エジプト考古省は、考古学者が墓の内部で葬儀用品のほか「亜麻布に包まれたミイラ」を発見したと述べ、ミイラの身元は判明していないものの「研究結果によると、このミイラは当時の高位の役人、または有力者だった可能性がある」と付け加えた。

どれくらいの葬儀用品で、未盗掘か?どうかで、価値は変わることだろう。しかし、それらの情報はなかった。

ただし、王家の谷に向かう途中には、多くの枝分かれした道があり、それらの多くはまだ未発掘の墓があると言われている。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告