on-the-time.jp

2017年12月05日

STキネティクスは、自律走行車の試験で米社と提携。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月08日に、シンガポールの防衛・航空機整備大手ST Engineering(Singapore Technologies Engineering Ltd/シンガポール・テクノロジーズ・エンジニアリング)の陸上輸送機器部門STキネティクス(ST Kinetics)は2017年12月05日に、米系の計測・制御用機器大手NIシンガポール(National Instruments Singapore/ナショナルインスツルメンツ・シンガポール)と、AV(Autonomous Vehicle/自律走行車)やロボットソリューション向けシステムの試験で提携すると発表したと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

STキネティクスは、NIのセンサーやレーザー光で周囲の物体を検知する「ライダー(LIDAR)」といったハードウエア、ソフトウエアを組み合わせ、シンガポールでのAV運行に必要な条件に関する試験システムを構築すると伝えている。

試験の内容は、ブレーキの制動距離や障害物の回避、さまざまな道路・天候の条件下での走行性能など、機能面、安全面の双方を網羅する予定にしている。

STキネティクスは、まずLTA(Land Transport Authority/陸上交通庁)が導入を計画する自動運転バスや、観光地セントーサ(Sentosa)島内のオンデマンドシャトルの試験に用いる方針で、さらに自律走行可能なフォークリフトやロボットなどに広げていくことも視野に入れている。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。