on-the-time.jp

2017年12月04日

ソルガムが、日本向けバイオ燃料をタイで生産。

自然研究調査

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月07日に、バイオマス(biomass/生物資源)燃料事業などを手掛ける東京都品川区ソルガム・ジャパン・ホールディングス(Sorghum Japan Holdings)は2017年12月04日に、タイでエタノールの原料となるイネ科の植物「スーパーソルガム(Super Sorghum)」を使ったバイオマス燃料などの生産に向けた実証事業を実施すると発表したと報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

2017年11月8日には、タイの鉄鋼大手2017年SSG(Siam Steel International Plc./サイアム・スチール・グループ)と実証事業に関する基本合意を締結した。バイオマス発電の普及が進む日本向けに、安定した燃料の供給を目指す。

そういえば、ミャンマー、タイ、カンボジア、インドネシア、マレーシアなど、米の生産国なら、イネ科の植物「スーパーソルガム(Super Sorghum)」を使ったバイオマス燃料などの生産は可能だろう。

実証事業では、固形燃料の「スーパーソルガムペレット(Super Sorghum pellet)」や家畜用飼料「スーパーソルガムサイレージ(Super Sorghum silage)」などの製品化を目的としたスーパーソルガムの試験栽培の実施や分析、検証を行う。

現地法人のタイ・スーパー・ソルガム(Thai Super Sorghum Co., Ltd.)が栽培・収穫を行い、SSG傘下のSBP(サイアム・バイオマス・プロダクト/Siam Biomass Prodact)などが製品を生産する。スーパーソルガムペレットは日本国内の発電事業者向けに提供し、燃焼試験を実施する。SBPは再生可能エネルギー事業を強化しており、タイ国内で250のバイオマス燃料工場の建設を計画しているという。

ソルガム・ジャパンによると、日本国内のバイオマス発電所は建設ラッシュを迎えており、本格稼働となる2020年以降に年間約1,000万トン以上の燃料が必要になる見通し。

さらに、日本政府の30年のエネルギーミックス(電源構成/Energy mix)目標を達成するには、約2,000万〜3,000万トンの燃料が必要になると予測されている。

2017-11-16---タイの飼料製造大手タイラックス、大分で地熱発電4基稼働。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告