2017年12月07日

カンボジア建設省、プノンペン郊外に高さ600mのビル構想!?

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月07日に、柬華日報(柬华日报/電子版)からの情報として、カンボジア建設省(Ministry of Land Management)によると、首都プノンペン (Phnom Penh)郊外の行政都市開発プロジェクト「サムデク・テチョ・フン・セン・ドラゴンシティー(Samdech Techo Hun Sen Dragon City)」に、高さ600mの超高層ビル(超高层大楼)を建設する方向で交渉を進めている。実現すれば東南アジアで最も高いビルとなる見通しと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

しかし、私が愛読しているカンボジアの英字新聞「The Phnom Penh Post」には、「サムデク・テチョ・フン・セン・ドラゴンシティー」の記事はない。

同ビルは完成後、フン・セン首相の執務場所となる予定。「サムデク・テチョ」はフン・セン首相の称号。「ドラゴンシティー」の名は首相が辰(たつ)年生まれであることにちなむ。

独裁者は、いつも自分の名前のついた都市を作りたがる。

ドラゴンシティーは敷地面積が1万5,000ヘクタールで、トンレサップ(Tonlé Sap)川東岸の南部カンダル(Kandal)州と南東部コンポンチャム(Kampong Siem)州の境界付近に位置する。

首相の私邸、政府機関が集中する行政地区のほか、商業ビル、住居兼商業ビル、娯楽施設、埠頭(ふとう)などの建設が計画されている。現在は中国企業1社が参画に関心を示しているという。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。