on-the-time.jp

2017-12-07

カンボジア建設省、プノンペン郊外に高さ600mのビル構想!?

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月07日に、柬華日報(柬华日报/電子版)からの情報として、カンボジア建設省(Ministry of Land Management)によると、首都プノンペン (Phnom Penh)郊外の行政都市開発プロジェクト「サムデク・テチョ・フン・セン・ドラゴンシティー(Samdech Techo Hun Sen Dragon City)」に、高さ600mの超高層ビル(超高层大楼)を建設する方向で交渉を進めている。実現すれば東南アジアで最も高いビルとなる見通しと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

しかし、私が愛読しているカンボジアの英字新聞「The Phnom Penh Post」には、「サムデク・テチョ・フン・セン・ドラゴンシティー」の記事はない。

同ビルは完成後、フン・セン首相の執務場所となる予定。「サムデク・テチョ」はフン・セン首相の称号。「ドラゴンシティー」の名は首相が辰(たつ)年生まれであることにちなむ。

独裁者は、いつも自分の名前のついた都市を作りたがる。

ドラゴンシティーは敷地面積が1万5,000ヘクタールで、トンレサップ(Tonlé Sap)川東岸の南部カンダル(Kandal)州と南東部コンポンチャム(Kampong Siem)州の境界付近に位置する。

首相の私邸、政府機関が集中する行政地区のほか、商業ビル、住居兼商業ビル、娯楽施設、埠頭(ふとう)などの建設が計画されている。現在は中国企業1社が参画に関心を示しているという。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.