2017年12月04日

米国のフォードは、エコカー第2弾投資を辞退!

自然

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年12月06日に、タイの新聞「バンコクポスト(Bangkokpost)」は2017年12月04日に、米国のフォード・モーター社(Ford Motor Company)は、タイの小型低公害車「エコカー」政策第2弾への参画を辞退することを決めた。

3年前に総額182億バーツ(約630億円)の投資計画を申請していたが、事業成長性が見込めないと判断し、今後は、1トンピックアップトラックで成長を図ると伝えていると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

フォード・アセアン(Ford ASEAN)のユコントーン(Yukontorn “Vickie” Wisadkosin)新社長は「市況とフォードが得意とする車種を考慮して、エコカー優遇を受けないことを決定した。」と語った。

エコカー政策第2弾への投資は2014年に申請し、BOI(The Board of Investment, Thailand/คณะกรรมการส่งเสริมการลงทุน/タイ投資委員会)から投資認可を得ていた。

当初は、東部ラヨーン(Rayong)県の製造子会社FTM(Ford Thailand Manufacturing/フォード・タイランド・マニュファクチャリング)の自社工場でエコカーを生産する予定だった。

計画では、年産能力がエコカー18万台、エンジンが2,000基。しかし、フォードは2016年10月に、同工場でピックアップの生産を開始したと発表していた。

フォードのタイにおける今年1〜10月の販売台数は、前年同期比37%増の約4万3,900台だった。このうち、ピックアップ「レンジャー(Ranger)」と派生車のPPV(Pickup. Passenger Vehicle/乗用ピックアップ)「エベレスト(Everest)」が合わせて39%増の約4万1,000台。一方、エコカー優遇の対象となり得る乗用車(「フィエスタ(Fiesta)」と「フォーカス(Forcus)」)は38%減の約500台で、スポーツタイプ多目的車(SUV)「エコスポーツ(EcoSport)」は31%増の約2,400台となった。

フォードのASEAN(Association of South‐ East Asian Nations/東南アジア諸国連合)全体の販売台数は、16%増の約9万6,100台。タイのほか、フィリピンとベトナムが好調だったと伝えている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。