gaYa広告

2017年12月03日

インドの大気汚染、マスク着用でクリケット国際試合実施。

スポーツ健康

AFPは2017年12月04日に、大気汚染(Air pollution)が深刻化しているインドの首都ニューデリー(New Delhi)で2017年12月03日に、スモッグのためインド対スリランカ(Sri Lanka)のクリケットの国際試合が何度も中断を余儀なくされたと報告した。

スリランカ代表選手らはマスクを着用して出場したが「フィールドから出て嘔吐していた」と代表監督は話している。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

在インド米国大使館のwebサイトによると、この日ニューデリーにおける人体に有害な微小粒子状物質の指数は一時384に達していた。

これは、WHO(World Health Organization/世界保健機関)の定める安全基準の約15倍に相当する。

ニューデリー市内のスタジアムで行われた試合は、複数のスリランカ代表選手が健康上の問題を訴えたため、審判団が主審やチームドクターらと協議して約20分間中断した。

その後、試合は再開されたがスリランカ代表はさらに2回にわたって抗議し、スリランカ側は野手が足りなくなってしまった。

インドのクリケット協会(The Board Of Control For Cricket In India)は、ささいなことで騒ぎ立てたとスリランカ代表を非難し、同国の協会に対して抗議の書簡を送ると明言した。

しかし、スリランカの代表監督は、フィールドの汚染レベルが「極度に高い」状況で自国の選手たちは体調を崩したと反論。「フィールドから出て嘔吐する選手が何人もいた」と報道陣に語った。「ロッカールームには酸素ボンベが設置されていた。試合中にあんな目に遭うなんて、選手にとっては普通じゃない」

ニューデリーでは先月、大気汚染レベルがWHOの安全基準の40倍に達し、医師会が公衆衛生上の緊急事態だとして警告。市内の全学校が休校した。しかし、医師らが健康に著しい悪影響があるとして延期を求めたハーフマラソン大会は強行され、3万人以上が参加した。

2017-11-13---インドの首都圏の大気汚染、再び非常事態レベルに
2017-11-10---デリー空港発の航空運賃が高騰!
2017-09-13---大気汚染で、インドの太陽光発電はスモッグなどで25%減少。
2016-11-05---インドの首都で、大気汚染で小学校1800校が休校。
2016-02-12---大気汚染による年間の死者550万人以上。その55%は、中国とインド。
2014-03-25---大気汚染は、全世界で毎年700万を殺していた。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。