2017年12月04日

キャセイ航空乗務員、「爆発してバラバラになった」北朝鮮発射のICBM目撃か!?

戦争と平和

AFPは2017年12月04日に、香港のキャセイ航空(Cathay Pacific Airways)は2017年12月04日に、北朝鮮が先週発射したICBM(InterContinental Ballistic Missile大陸間弾道ミサイル)を、香港と米国を結ぶ航空便に搭乗していたキャセイ航空の乗務員が目撃したとみられると発表した。

また、乗組員はミサイルが「爆発してバラバラになった」ところも目にしていたという。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

北朝鮮は2017年11月29日、米国本土に到達可能とみられるICBMを発射しているが、キャセイ航空の声明によると、乗務員は同日に「DPRK(北朝鮮)が最近試射したミサイルの大気圏再突入とみられるもの」を目視したという。

キャセイ航空は目撃時刻における飛行機の位置について明らかにしていないが、目撃したのは香港とサンフランシスコを結ぶCX893便の乗務員で、所定の手順に従って日本の航空管制当局に報告し、その後も通常通りの対応を取ったとしている。

ただ、航空機から「かなり離れたところでの出来事」だったといい、同航空は現在の飛行ルートを変更する予定はないとした上で、「今後も警戒を続け、事態の推移を見守る」と表明した。

また、現地英字紙SCMP(South China Morning Post/サウス・チャイナ・モーニング・ポスト/南華早報)の報道によると、キャセイ航空の幹部は社員などに宛てたメッセージで、乗組員はミサイルが「爆発してバラバラになった」ところも目撃したと説明しているという。

CNNの情報とも一致する。

SCMPはフライトレコーダー情報も公開している。

今は、一機ごとに詳細なフライトレコーダー情報も入手できるので、そこを飛んでいた飛行機から、目撃情報があるかもしれないと思っていた。

2017-12-04---CNN、北朝鮮「火星15」、再突入にまた失敗か?
2017-11-29---北朝鮮、「核戦力完成」宣言。
2017-07-31---米国の専門家は、NHKのビデオで北朝鮮ICBM弾頭崩壊し、失敗と分析。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告