AD SPACE

2017-11-28

チリ南部で氷河から氷山分離!周辺海域船舶の航行障害の恐れ!?

自然

AFPは2017年12月02日に、チリ南部の氷河で最近起きた巨大な氷山の分離が、周辺海域の船舶の航行の障害となり、沿岸地域に冠水被害をもたらす恐れがあると専門家らが指摘している。

以前から、南極大陸や北極から、巨大氷山が流れ出し、船舶の航行警報が流されていたが、今回は氷河からの巨大な氷山の分離である。

タイタニックも北極から、巨大氷山が流れ出し、それに衝突して沈没した。

[AD] You can advertise on this site.

チリの最南部のグレイ(Grey)氷河からは2017年11月末、約350×380mの氷山が分離した。

分離した氷山の大きさは、グレイ氷河を観測している同国の科学者たちをも驚かせた。

INACH(Instituto Antártico Chileno/チリ南極研究所)の氷河学者リカルド・ハナ(Ricardo Jana)が2017年11月28日に公開したビデオによると、この氷山は、今はただの大きな氷の塊のように見えるが、海に出て小さな塊に分離すると「脅威になり得る」という。大きさを考えると、この氷山が砕けてることで生じる氷の塊は同地域の航海の障害となる恐れがある。

この氷山は海面上昇も引き起こすとみられており、海岸部のコミュニティーは冠水被害が出る恐れもある。

グレイ氷河は首都サンティアゴの約3200km南に位置するトーレス・デル・パイネ国立公園(Torres del Paine National Park)にある。

トーレス・デル・パイネ国立公園(Torres del Paine National Park)の緯度、経度
51° 0'0.14"S, 73° 0'2.88"W
または、
-51, -73

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.