2017年11月28日

フランスのホテル運営大手アコーホテルズ、カンボジアで中価格帯のホテル3軒を新設。

観光

アジア経済ニュースNNA ASIA2017年11月29日に、カンボジアのプノンペン・ポスト(The Phnom Penh Post)は2017年11月28日に、フランスのホテル運営大手アコーホテルズ(Accor Hotels)がカンボジアで中価格帯のホテル3軒を新設すると報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

新設するのは、「ノボテル(Novotel hotels)」2軒と「イビススタイルズ(Ibis Styles hotel)」1軒。客室数は計600室を想定している。ノボテルは首都プノンペン(Phnom Penh)と南部シアヌークビル(Sihanoukville)に建設中で、イビスは北西部シエムレアプ(Siem Reap)に建てる見通しになっている。

アコーホテルズで東南アジア・北東アジアを担当するパトリック・バセット最高執行責任者(Patrick Basset, COO of Thailand, Vietnam, South Korea, Cambodia, Laos, Myanmar and the Philippines at Accor SA)は「カンボジアは観光客が増えている。高級から中級まで手を広げて顧客を囲い込む」と説明した。

アコーホテルズは現在、カンボジアで高級ホテルブランドの「ラッフルズ(Raffles hotel)」と「ソフィテル(Sofitel hotel)」を計4軒展開している。客室数は計735室、従業員数は約1,200人に上る。

2017-10-05---高級ブランド「ラッフルズ」をインドでの展開に着手!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。