2017-11-29

最も忙しい時期に、羽をもがれた15,000便以上のアメリカン航空!

観光

毎日新聞は2017年11月30日に、米国の航空大手アメリカン航空(American Airlines)の社内システムにトラブルが生じ、12月に運航する15,000便以上でパイロットが確保できていないことが、2017年11月29日に分かったと報告した。

クリスマス休暇で旅行需要が急増する時期に不手際による欠航が相次げば、信頼に傷が付くのは避けられない。
アメリカン航空は時給を1.5倍に引き上げる条件を提示し、パイロットに勤務を呼び掛け、事態の収拾を図っている。

アメリカン航空は、飛べない鶏(Chikin)!
それとも、最先端の無人飛行(Without Pilot Flights American Airlines)?

欧米メディアによると、アメリカン航空はシステムの異常が原因で、2017年12月17〜31日に本来よりも多くの休暇をパイロットに与えてしまったという。