2017-11-29

世界のレストラン・トップ1000!

食品

AFPは、来週発表される世界のレストラン1000店のランキング「La Liste (ラ・リスト)」2017年版の掲載店舗数で、日本と中国が上位を占めたと報告した。

1位に相当する「世界のベストレストラン」には、フランスのパリの「ギ・サボワ(Guy Savoy)」本店が2年連続で輝いた。
2位はエミー賞(Emmy Awards)受賞歴もある米国の著名シェフであるエリック・リペール(Eric Ripert)のニューヨークのレストラン「ル・ベルナルダン(Le Bernardin)」。
3位には「並外れた味の割に値ごろ」なすしで名高い東京の銀座「久兵衛(Kyubey)」がランクインした。

トップ100に入ったレストランをジャンル別で見るとフランス料理が一番多かったが、高級中華料理がランクを上昇している傾向がみられた。

データをまとめたヨルグ・ジップリック(Jorg Zipprick)は「中国の躍進が目立つ」と述べた。

1000店全体でランクインした国別の掲載店数は、日本が138店でトップを維持したが、2位の中国が123店で猛追している。

ヨルグ・ジップリックはAFPに対し「これまで中国はデータを入手するのが最も困難な国の一つだったが、中国のグルメガイドブームによって状況は一変した。」と述べ、「アジアにはヨロッパよりたくさんのレストランがあるのだから、「La Liste」がそれを反映することは極めて理にかなっている。」と語った。

「La Liste」はフランスで3年前、イギリスのレストラン業界誌「レストラン(Restaurant)」の「世界のレストラン・ベスト50(World's 50 Best Restaurants)」に対抗し、「より科学的で信用できる」ランキングとして立ち上げられた。

旅行サイト「トリップアドバイザー(TripAdvisor)」などのガイドブック、新聞、オンラインサイトのレビューをまとめて解析。「ガイドのガイド」を自称している。

世界3大味音痴国、アメリカ、イギリス、オーストラリアにランキングしているイギリスで出版された「世界のレストラン・ベスト50(World's 50 Best Restaurants)」に、フランスが対抗することは、理にかなっている。

アメリカ料理で有名なのは、牛を殺して焚き火で焼いたステーキ。
イギリスで、イギリス人と食事に行くと、イギリス料理は出てこない!イギリスの自慢はフィッシュチップ!
オーストラリアでは、うまいクジラが死ぬと、埋めてしまい食わない!国のシンボル、カンガルーを食う!

こんな国に、味覚について話して欲しくない。味覚とは、無縁である。

イギリスは、Guinness World Recordsのギネスブック(Guinness Book)が理にかなって、味覚ではだめである。