2017-11-22

東芝、サザエさん、「日曜劇場」降板、NY繁華街の広告も打ち切り!

経済

経営再建中の東芝は、切りやすいものから切った!

毎日新聞は2017年11月22日に、1969年10月からCMを提供して来た日曜夜の国民的アニメ「サザエさん」(フジテレビ系)と、通算で50年を超えるスポンサーであった「日曜劇場」(TBS系)の番組スポンサーを2018年03月末に降板すると正式決定した。

ともに家族がそろって見ることができる長寿番組だった。

また、新年のカウントダウン中継で映し出されるなど、海外事業拡大の象徴とも言える存在だった米国のニューヨークの繁華街「タイムズスクエア」のビルに2007年から掲げてきた巨大な電飾広告も2018年前半に取りやめ、経費削減を進める。

だが、東芝は2016年末に発覚した米国原発子会社の巨額損失で業績が悪化し、資産売却や経費削減を加速した。

スポンサーは東芝ブランドの家電製品を浸透させる目的があったが、冷蔵庫などの白物家電事業は経営再建の一環で中国企業に売却。テレビ事業も中国家電大手に2018年02月にも売却することを決めており、スポンサーを続ける必要性が薄れていた。