2017-11-22

韓国の暁星、ATMで仮想通貨を売買できる技術を開発。

モバイル・マネー銀行

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月22日に、ATM(automatic teller machine/現金自動預払機)の製造・販売を手掛ける韓国のノーチラス暁星(Nautilus Hyosung/노틸러스효성)が、モバイル機器による金融取引を手掛ける米国のジャストキャッシュ(Just Cash)と共同で仮想通貨Bitcoin(Bitcoin)をATMで購入できる技術を開発したと報告した。

この技術はノーチラス暁星が製造したATMに導入する。

Bitcoinの購入ボタンを押した後に画面上に現れるQRコードを読み込んで、個人電子口座を開くというシステム。
電子口座間でBitcoinを取引できる。紙の領収書も発行する。

暁星は今後、Bitcoinのほか、Ethereum(イーサリアム)などのデジタル暗号通貨に対応する技術も開発する考えだと伝えている。