gaYa広告

2017年11月13日

サウジアラビアの砂漠に謎の構造物。

自然超過去

毎日新聞は、サウジアラビアのハラット・カイバー地区(Harrat Khaybar region)砂漠地帯に、古代に造られたとみられる用途不明の石の構造物が400近くあることを、オーストラリア人の研究者が米Googleの衛星写真を利用したサービス「Google Earth」を使って確認したと、オーストラリアのメディアなどが2017年11月13日までに伝えた。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

UWA(University of Western Australia/ウェストオーストラリア大学)のデービッド・ケネディ(David Kennedy)教授によると、9000〜2千年前に造られたとみられる。古代の火山の溶岩原にあり、地上から見てもよく分からないが、150mほど上空または衛星レベルの高度からだと、門が地面に横たわったように見える長方形だ。長辺が最大約500mに達するものもある。

サウジアラビアのハラット・カイバー地区(Harrat Khaybar region)砂漠地帯は、元火山地帯のような痕跡が見られる。

サウジアラビアのハラット・カイバー地区(Harrat Khaybar region)砂漠地帯の緯度、経度
25° 0'0.00"N,39°55'0.00"E

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。