gaYa広告

2017年11月06日

シンガポールの2社、ホテルの洗濯物処理ロボット開発で提携。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月09日に、シンガポールの通信大手スターハブ(StarHub)と防衛・航空機整備大手ST(Singapore Technologies Engineering/シンガポール・テクノロジーズエンジニアリング)の陸上輸送機器部門STキネティクス(ST Kinetics)は、ホテルの客室から出る洗濯物を自動処理するロボットの展開で提携したと発表した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

同ロボット「TUG」は、STキネティクス傘下の米エーソン(Aethon)が開発。汚れたリネン類を客室から集め、収集ポイントまで搬送する。ホテルの客室清掃係が行う同作業には7段階のプロセスがあるが、TUGは無線自動識別(RFID)タグなどを活用することで、リネンを種類別に集めて山積みし、一度に最大635kgを搬送するため、作業が3段階に圧縮される。

スターハブは顧客の生産性向上に向け、IoT(Internet of Things/モノのインターネット)ソリューションなどを提供する取り組みを行っており、STエンジニアリングとの提携もこの一環であった。

両社は第1弾として、来年からカプリ・バイ・フレイザーズ・チャンギシティー・ポイント(Capri by Fraser - Changi City Point)、フォーポインツ・バイ・シェラトン(Four Points by Sheraton)、グランド・コプソーン・ウオーターフロント(Grand Copthorne Waterfront)の3ヶ所で、実用化する。

2015-07-17---日本のロボットホテルのまわりの5種類のロボット。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト