2017-11-06

シンガポールの配車グラブ(Grab)、東南アで乗車件数10億件達成!

モバイル・マネー観光

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月07日に、配車アプリの開発・運営を手掛けるシンガポールのGrab(Grab)は2017年11月06日に、東南アジアでの乗車件数が10億件に達したと発表したと報告した。

2017年10月26日に同社がサービスを展開する東南アジア7カ国(シンガポール、インドネシア、フィリピン、マレーシア、タイ、ベトナム、ミャンマー)での乗車件数が10億件に到達した。7カ国全体では1秒間に66件の乗車が行われているという。

[AD] You can advertise on this site.

乗車件数は今年に入り急速に伸びている。Grabは「(個別需要に対応した)オン・デ・マンド交通システムは東南アジアで大きな潜在成長力を秘めている。」と説明した。

世界水準の技術を駆使しながら、マルチモーダル交通(複数のシステムが一体となった交通体系)で地域密着型のサービスを展開することで、新しい交通手段の需要拡大を捉えることができたとしている。

同社が提供するキャッシュレス決済システム「Grabペイ(Grab Pay)」の取引件数も、近く10億件に達する見込みだ。

Grabは東南アジアの142都市で配車や相乗りサービスを提供。乗客の3人に1人が複数のサービスを利用している。市場シェアは、第三者によるタクシー配車サービスで95%、自家用配車サービスで72%となっており、稼働車両数は東南アジアで最も多い。運転手数は200万人超。アプリのダウンロード数は6,800万件という。

フランスの調査会社TNSによると、Grabはシンガポール、インドネシア、フィリピン、マレーシア、タイ、ベトナムで最も使用頻度の高い配車サービス・タクシー予約アプリのブランドとなっていると伝えている。

2017-10-16---シンガポールの配車Grab、ハローキティでプロモーション!
2017-08-30---シンガポールのGrab、個人間送金サービスの試験運用開始。
2017-04-03---Grabは、インドネシアのe-ペイメントの新興会社Kudoを取得。
2015-12-10---GrabTaxiは、来年Singtelのm-財布を受け入れる。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.