on-the-time.jp

2017年10月30日

インドのモバイル支払いは、2021年にINR2兆8,000億と予測。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、GlobalDataは、インドのモバイル財布ユーザーが、2017年にINR8,000億(US$123億)のトランザクション価値で、2021年にはそれが、INR2兆8,100億まで成長すると予測した。

それは2016年のINR3,8000億で、高度成長記録セクタとして、マネーロンダリングを防止するために、2017年10月初めにインド準備銀行(Reserve Bank of India)により、規則を厳しくした、新しい規則にもかかわらず起こると、研究会社は言ったと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

新しいガイドラインは、KYC(Know Your Customer)として知られ、市場入力のための厳密な金融要件を導入し、データ会社の増加レベルはそれらの顧客の大多数において収集しなければならない。

GlobalDataシニアアナリストラビ・シャルマ(GlobalData senior analyst Ravi Sharma)は、規則がより大きい財布プロバイダーに影響を与えることがありそうになく、それは産業のより小さいプレーヤーのために「挑発的であるかもしれない。」と言った。

彼は、たぶん、市場を出ること、またはより大きい会社により取得されることが、いくつかの財布プロバイダーをもたらすと付け加えた。

「保証KYC服従(Ensuring KYC compliance)は義務がある新しい顧客の獲得において招かれたコストを増大させるだけでなく既存のユーザーの立証する。」

「それがPaytmなどのより大きいプレーヤーに影響しないかもしれない間、KYCをアップデートするために、すでにそれらが、それらの顧客と働いているので、追加の服従コストはより小さい会社に影響を与えそうである。」と、シャルマは言った。

インドに関して、多くの経済ニュースが飛び交っているが、インドのモバイル支払いによる実際の経済効果は、ものすごいことになる。
なぜなら、これまで脱税が常識だったが、デジタル化により、それは排除される。

日本も、中途半端な自己満足税制ではなく、計理士や会計士を締め出せばるだけのシステムを組めば、税収は倍増し、国民の負担は半減し、透明化できる。
今インドが苦しんでいるのは、それへの移行期であるということになる。

国税庁も手作業やそろばん、電卓ではなく、ブロックチェーンの導入を視野に入れるべきである。

2017-11-01---国税庁、スマホで確定申告可能にする。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する日付

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。