2017年11月03日

フィリピンは、同族会社の多さで世界11番目、時価総額は25位。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは、スイスの金融大手クレディ・スイス(Credit Suisse)が発表した報告書で、フィリピンは同族経営による企業が世界で11番目に多いと明らかにした。

財閥が複数の産業に影響力を持つ当地の経済構造が、改めて浮かび上がった。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

また、フィリピンは同族経営の企業数は多い反面、1社当たりの時価総額は25番目と、欧米より低い傾向がみられた。

報告書「ザCSファミリー1000(The CS Family 1000)プロジェクト」は、創業者またはその子孫が20%以上の株式および議決権を持つ企業を同族経営企業と定義。923社を選定し、国・地域別に分類した。

企業数が最も多いのは167社の中国で、2位が121社の米国、3位が108社のインド、4位が70社のフランスだった。以下、香港、韓国、マレーシア、タイ、インドネシア、メキシコ、フィリピンと続き、アジア諸国が全体の6割近くを占めた。

財閥が経済界を牛耳るフィリピンでは、創業家が上場後も一定の影響力を持ち続けるケースが少なくない。

各社がPSE(Philippine Stock Exchange/フィリピン証券取引所)に提出した株主名簿によると、小売り、不動産、金融を手掛けるヘンリー・シー(Henry SY)率いるシー財閥(Sy Corporation)のSMインベストメンツ(SM Investments)では、株主のトップ10リストにハンス・シー(Hans SY)やヘンリー・シーなど一族の7人が並び、保有株式は計46.8%に上る。

セブ・パシフィック(Cebu Pacific Air)や不動産開発RLC(Robinsons Land Corp./ロビンソンズ・ランド)などを子会社に持つゴコンウェイ財閥(Gokongwei Corporation)の持ち株会社JGサミット・ホールディングス(JG Summit Holdings)では、ゴコンウェイ兄弟財団(Gokongwei Brothers Foundation, Inc.)が株式の27.9%を握る。

これでは、貧富の差は、広がるだけだな〜

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。