gaYa広告

2017年11月01日

ベトナムの日系コンビニ、日本食品76品目を一斉販売!

食品

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月02日に、ベトナム国内のファミリーマート、ミニストップ、イオンは2017年11月01日に、ホーチミン(Hồ Chí Minh/胡志明)市を中心に展開している約260店舗で、加工食品など日本商品76品目のテスト販売を開始したと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

テスト販売は、JETRO(Japan External Trade Organization/ジェトロ/日本貿易振興機構)と日系コンビニ、スーパーとの連携事業でベトナムでは2016年に続き2回目となる。

販売商品は、ベトナムで受け入れられやすい価格帯で、抹茶関連などニーズが見込まれると同時にベトナムでは供給が少ない商品が公募で選ばれた。

76品目は菓子、飲料、アイスクリームのほか今年は絵本も販売する。
また大人のおつまみとしてチーズ味の菓子や健康志向の高まりを踏まえた野菜ジュースなども販売する。
販売価格は実際の流通コストを乗せており、カゴメの野菜ジュース「野菜生活100」(200ミリリットル)の場合、3万5,900ドン(1.6米ドル、約179円)と日本の市販価格の2倍程度となる。

日系コンビニ、スーパーとジェトロの連携事業「ジャパンフェア」は、2016年も1カ月にわたり実施し、約4割がテスト販売後も継続して取り扱われている。

ジェトロ・ホーチミン事務所の滝本浩司所長は「昨年は十分に成果があった」と振り返る。
今年はフェア期間を来年1月末までの3カ月に拡大しており、「もう少し継続販売が増えることを期待している」と抱負を語った。

私は逆に、ベトナムで作ったお菓子を日本で食べている。

例えば、ベトナム戦争中にアメリカ兵が持ち込んだと言われている、「くまさんビスケット」が、大好きである。

2017-10-16---ファミリーマート・ベトナム、ドラえもんまんのハロウィン版で勝負!
2017-09-01---「Japan Expo in Thailand 2017」が開幕。
2017-07-18---「くまのプーさん」に続き、「ジャイアン」も中国で検索不能!
2014-09-25---中国で、「ドラえもん」の陰謀説浮上!
2013-02-18---ショック!「ドラえもん」が放送禁止!

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。