2017年10月30日

ホンダ、インドでセダン「シティ」が累計販売70万台!

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月01日に、ホンダのインド法人HCIL(Honda Cars India Ltd./ホンダカーズインディア)は2017年10月30日、中型セダン「シティ」の累計販売台数が70万台に達したと発表したと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

1998年1月に販売を開始し、約10年で70万台に達した。第4世代に当たる現行モデルは2014年に発売し、これまでに約27万台を売り上げた。歴代シティの販売台数として最多を更新している。

1998年から2005年までの7年間は売れなかった!
これを経験して、ホンダのインド法人HCILにサムライが生まれた。

私は、多くの国で、日本人のサムライを見た。

イラクにいたNTTのサムライは、砂漠をパジェロで走り回っていた!

上野洋一郎社長兼最高経営責任者(Yoichiro Ueno, President & CEO, Honda Cars India Ltd)は、全世界のシティの販売台数の25%をインド市場が占めるとした上で、「これからも最も愛されるブランドとしての地位を維持していく」とコメントした。

100,000 Sales March 2005
200,000 Sales October 2007
300,000 Sales March 2010
400,000 Sales September 2012
500,000 Sales November 2014
600,000 Sales February 2016
700,000 Sales and counting October 2017
Generation-wise sales of Honda City in India

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告