2017年10月30日

インドネシア国産電動スクーター、販売台数は月500台!

経済自然

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年11月01日に、インドネシア語の経済紙「コンタン(Kontan/電子版)」が、インドネシアの二輪車メーカーのトライアングル・モトリンド(Triangle Motorindo)が6月に発売した電動スクーター「Q1」の販売が好調で、月間の販売台数は500台に達したと報告した。

ナショナル・プロジェクトマネジャー(National Sales Project Manager)のデデン・ガナワン(Deden Gunawan)によると、10月までの販売台数は累計で2,000台に達する見込みで、国営電力PLNが設置する公共充電ステーションの増加によって注文が増えている。製造ラインもフル稼働で、注文から納車まで1カ月待ちになるという。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

トライアングル・モトリンドは、ジャカルタ(Jakarta)や南スラウェシ州マカッサル(Kota Makassar)などの都市部を中心に販売を進めていく。

デデン・ガナワンは、「Q1」以外の電動バイクを生産する計画は当面ないと話している。
将来的に生産台数を週500台、販売台数を月2,000台まで増やす計画。
「Q1」の価格は1,670万ルピア(約14万円)。

ESDM(Ministry of Energy and Mineral Resources/エネルギー・鉱物資源省)のイグナシス・ジョナン(Ignasius Jonan)大臣は、デデン・ガナワンらと会談後、記者団に対し「(Q1のような)環境にやさしい製品は今後さらに受け入れられるだろう。国内に新しい市場を作り出す」と称賛した。

「Q1」は、ドイツの自動車部品・機械大手ボッシュ(BOSCH)と共同開発した。
20アンペア時(Ah)の大容量リチウムイオン充電池を搭載しており、出力は1馬力。

2015: Pembuatan Prototype unit sepeda motor listrik Viar Q1.
2016: Pengenalan unit pertama kali ke hadapan Public pada ajang Pekan Raya Jakarta.
2016: Penandatanganan Nota Kerjasama dengan Universitas Gadjah Mada dalam hal riset dan pengembangan.
2017: Penandatanganan Nota Kerjasama antara Viar dengan Bosch
2017: Media Gathering bersama dengan media untuk memperkenalkan kerjasama antara Viar dengan Bosch sekaligus memperkenalkan website dan sistem pre order.
2017: Peluncuran motor listrik Viar Q1

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。