on-the-time.jp

2017年10月30日

ベトナムの外国直接投資、2017年01〜10月は37%増!

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月31日に、ベトナムで2017年01〜10月に認可された新規および追加のFDI(Foreign Direct Investment/外国直接投資)と外資によるベトナム企業への出資・株式取得は計7,227件、総額US$282億3,850万(約3兆2,200億円)で、前年同期比37.4%増だった。国・地域別では、2016年までの最大の投資国である韓国がトップを維持している。

私は、ベトナム人は頭がいいので、東南アジアでは、日本、シンガポール、韓国に続いて、ベトナムが来ると以前から感じていた。

ただし、飛行機行行方不明事故から、マレーシアが急速に伸び、さらに経済的にインドネシアも伸びてきている。

では、インドはどの位置に入るのか?

中国は、今の共産党のやり方では、経済的に限界がくる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

FIA(Foreign Investment Agency/計画投資省外国投資局)が2017年10月30日に、FDIの2017年10月20日までの集計結果を公表した。新規の認可件数は2,070件で、認可総額は32.9%増のUS$163億60万だった。

既存案件への追加投資は1,001件で、認可総額は35.9%増のUS$72億6,880万だった。
2016年12月からFDI統計として新たに公表を開始した出資・株式取得は認可件数が4,156件、認可総額は58.8%増のUS$46億6,910万だった。

投資認可状況を国・地域別にみると、韓国が2,167件、総額US$76億2,460万で最大。認可額US$25億のサムスンディスプレー(Samsung Display)によるバクニン(Bac Ninh)省への追加投資がけん引する。

日本は853件、US$60億7,170万で2位だった。
三井石油開発が参画する南部キエンザン(Kien Giang)省沖のパイプライン整備事業と丸紅による北中部タインホア(Thanh Hoa)省のギソン第2石炭火力発電所の大型投資がけん引した。

以下、シンガポール、台湾、中国が続いた。

省市別にみると、ホーチミン(Ho Chi Minh)市が3,146件、US$50億2,867万で首位。
サムスンディスプレーが投資する北部バクニン省が352件、US$31億9,364万で2位だった。
ギソン第2が計画されているタインホア省が23件、US$31億5,814万で3位。
以下、南部ビンズオン(Binh Duong)省、ハノイ(Ha Noi)、北部ナムディン(Nam Dịnh)省が続いた。

産業別にみると、加工・製造が2,582件、計US$137億5,320万で全体の50%近くを占めた。
発電所案件が含まれる電気・ガス・水道が17件、US$56億3,320万で続いた。

FDI実行額は前年同期比11.8%増のUS$142億とさらに拡大した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。