gaYa広告

2017年10月30日

使用差し止め申請に対応し、神戸山口組本部閉鎖か!?

犯罪と裁判

毎日新聞は2017年10月30日に、指定暴力団神戸山口組が、兵庫県淡路市の本部事務所を閉鎖したとみられることが2017年10月30日に、捜査関係者への取材で分かったと報告した。

同事務所については、公益財団法人「暴力団追放兵庫県民センター」が住民の委託を受けて使用差し止めを求める仮処分を神戸地裁に申請しており、地裁の判断を前に同組側が自主的に閉鎖したとみられる。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

捜査関係者によると、本部事務所を拠点とする傘下組織「俠友(きょうゆう)会」会長の神戸山口組若頭(68)の名前が記された文書で、2017年10月25日付での事務所閉鎖が、関係組織に伝達された。

最近、関係者が荷物を運び出していたという情報もあるという。

今後の本部の場所は調整中とされるが、神戸山口組の中核組織「山健組」(神戸市中央区)の関連施設が使用される可能性があるとみて、警戒を強めている。

本部事務所は2010年ごろから、俠友会の事務所として使われていた。
2015年08月に山口組から神戸山口組が分裂して以降、同組本部を兼ねることになり、全国から幹部が集まる「定例会」が月1回開かれていた。住宅街の一角にあるため、地元住民に不安が広がっており、同センターが「代理訴訟制度」を使って今年10月2日に仮処分を申請していたと報告している。

「暴力団追放兵庫県民センター」というところに、相談すればいいのか〜

金融ヤクザも、追い払ってくれるのだろうか?

全国バージョンは、各県の暴力追放運動推進センターがあった。

平成04年03月に、一般に「暴力団対策法」と呼ばれている法律「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」が施行された。

細い道をBMWやベンツで横柄に乗り回し、危なくてしょうがない。
「ヤクなら、手配する。」と言われ、恐ろしくなった。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。