2017年10月30日

性別変更は、現行法で元に戻せない。

性とメディア

朝日新聞デジタルは、性別変更をする人が増えるにつれ、自分は性同一性障害だと考えて戸籍上の性別を変えたが、やはり適合できず元に戻したくなったという人が、。再変更は現在の法律では想定されておらず、元に戻せないと報告した。

専門家からは「何らかの救済策が必要」との声も出ている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

2004年に一定の条件を満たせば性別変更が認められる特例法が施行されたため、心療内科を受診し、十数回の診察を経て、複数の医師から性同一性障害の診断を受け、家裁に性別変更を申し立て、変更が認められれば、性別変更は実現する。

ところが、男性だった時には簡単に見つかった仕事が、女性になってからは断られ続け、性別変更が原因だと感じ、再度の性別変更を相談したが、「今の制度では難しい」と言われたという。

最高裁判所の統計によれば、特例法で性別の変更が認められた人は2016年までに6906人になり、年々増え続け、ここ数年は毎年800人以上で推移している。

一方で、同法には再変更を定めた規定がない。
法務省の担当者は「法律はそもそも再変更を想定していない。日本では性別適合手術が性別変更の要件になっており、ためらいがある人はここでブレーキがかかる」と説明する。

ただ、法務省によると、いったん認めた性別の変更について、2013年07月に裁判所が取り消した例が1件あるという。「当事者が自身の性を誤信し、医師の診断も誤っていた」との理由だった。

一方通行ではなく、例外的に後戻りできる道も必要なのではないか?

もっと、自由であっていいのではないだろうか?

大人になた人の性やセックスまで政府や法律で管理しようというのは、異常である。

それを異常と感じない人が、もし政治家なら、政治が湿る。

0000-06-07---ドイツのセックス解放記念日

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト