gaYa広告

2017年09月25日

300年ぶり、光悦作の赤筒茶わん発見。

人物アート

時事通信は2017年09月26日に、江戸初期の寛永の三筆と言われた書能家で、陶芸の大家、日本で初めて京都の鷹ヶ峰で芸術家村を作った本阿弥光悦(1558 - 1637)作の赤筒茶わん「有明」の存在を確認したと、京都市の古田織部美術館が発表したと報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

赤筒茶わん「有明」は、約300年前の文献に登場し、「光悦十作」などにも選ばれながら、その後、所在不明になっていた。光悦が陶芸を始めて間もない50代後半から60代ごろの作とみられ、後の円熟期につながる造形美が見いだせる。

発見された「有明」は高さ約9cm、口径約12cmの筒状だが、上から見ると丸みを帯びたひし形。全体は淡紅色で、正面に黒釉(こくゆう)で着けた「なだれ」模様があり、江戸幕府の老中水野忠之らが所持した記録が残る。

2015年にコレクターから同館側が購入し、陶芸研究家の故林屋晴三に鑑定を依頼した。林屋晴三は「品格が高く、作為の多い異色」の真作と認めた。

同じ銘が付いた光悦の茶わんは他に2点現存するが、いずれも筒状ではなく、文献の記述と一致しないという。

光悦作の赤筒茶わんは、古田織部美術館で2017年09月23日から2018年1月14日まで開催される「織部と光悦Ⅱ展」で特別公開されている。

古田織部といえば、岐阜の多治見では、今も時々織部焼のかけらが発掘される。
それを探しに来る窃盗犯もいると聞いている。
実は、多治見の夢窓国師が開創された禅寺虎渓山永保寺には、先祖の一人がいたことがあり、時々お参りに行っていた。
池は、阿字観の梵語の阿の形になっている。

ここは、まだ多くの文字のなぞなぞが隠されている。
また、近くには多治見市美濃焼ミュージアムもあり、本物の織部焼を見ることができる。

会期
2017年9月23日(土) 〜 2018年1月14日(日)
会場
古田織部美術館
所在地
〒603-8054 京都府京都市北区上賀茂桜井町107-2 B1F

古田織部美術館の緯度、経度
35° 3′ 3.9″ N, 135° 45′ 44″ E
または、
35.051083, 135.762222

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告