on-the-time.jp

2017年10月17日

フィリピンは、若者の職能強化が必要!

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月18日に、フィリピンの英字新聞マラヤ(Malaya)が2017年10月17日に、デロイトトーマツグループ(Deloitte Tohmatsu Group)は、アジアの社会経済に関する報告書「デロイト報告書(2017 Global Human Capital Trends)」で、フィリピンは若い労働人口が増え続けているが、4人に1人が必要な職業能力を備えていないと指摘し、デジタル技術の分野を中心に、若者への教育が必要との見解を示したと伝えたと報告した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

報告書「ボイス・オブ・アジア2017年9月版(Voice of America 2017 september)」によると、フィリピン人の年齢の中央値は24.6歳と、東南アジア全体の29.1歳、アジア全体の31.0歳より若い。

高齢化のスピードも緩やかで、65歳以上の人口がアジア全体では40年後に20%前後に拡大するのに対して、フィリピンでは8.0%にとどまると予想する。

ただ、フィリピンは若い労働力が豊富な一方、競争力のある人材が相対的に少ない。デロイト・フィリピン(Deloitte Philippines)のエリック・ランディコ(Eric Landicho)最高経営責任者(CEO)は、PSA(Philippine Statistics Authority/フィリピン統計庁)のデータを引用しながら、労働人口の25.4%に相当する999万人が必要な技能を習得していないと指摘する。

ランディコ氏は、看護、資産運用、保険の業務で今後、人材の需要が高まると予想した上で、「技術革新の波は医療分野にも及んでいる。たとえ看護師であっても、デジタル技術を使いこなせるよう準備しておかなければならない」と話し、若者に対する教育の必要性を強調したと伝えた。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。