on-the-time.jp

2017年10月17日

フィリピンは、若者の職能強化が必要!

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月18日に、フィリピンの英字新聞マラヤ(Malaya)が2017年10月17日に、デロイトトーマツグループ(Deloitte Tohmatsu Group)は、アジアの社会経済に関する報告書「デロイト報告書(2017 Global Human Capital Trends)」で、フィリピンは若い労働人口が増え続けているが、4人に1人が必要な職業能力を備えていないと指摘し、デジタル技術の分野を中心に、若者への教育が必要との見解を示したと伝えたと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

報告書「ボイス・オブ・アジア2017年9月版(Voice of America 2017 september)」によると、フィリピン人の年齢の中央値は24.6歳と、東南アジア全体の29.1歳、アジア全体の31.0歳より若い。

高齢化のスピードも緩やかで、65歳以上の人口がアジア全体では40年後に20%前後に拡大するのに対して、フィリピンでは8.0%にとどまると予想する。

ただ、フィリピンは若い労働力が豊富な一方、競争力のある人材が相対的に少ない。デロイト・フィリピン(Deloitte Philippines)のエリック・ランディコ(Eric Landicho)最高経営責任者(CEO)は、PSA(Philippine Statistics Authority/フィリピン統計庁)のデータを引用しながら、労働人口の25.4%に相当する999万人が必要な技能を習得していないと指摘する。

ランディコ氏は、看護、資産運用、保険の業務で今後、人材の需要が高まると予想した上で、「技術革新の波は医療分野にも及んでいる。たとえ看護師であっても、デジタル技術を使いこなせるよう準備しておかなければならない」と話し、若者に対する教育の必要性を強調したと伝えた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告