AD SPACE

2017-10-17

フィリピンは、若者の職能強化が必要!

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月18日に、フィリピンの英字新聞マラヤ(Malaya)が2017年10月17日に、デロイトトーマツグループ(Deloitte Tohmatsu Group)は、アジアの社会経済に関する報告書「デロイト報告書(2017 Global Human Capital Trends)」で、フィリピンは若い労働人口が増え続けているが、4人に1人が必要な職業能力を備えていないと指摘し、デジタル技術の分野を中心に、若者への教育が必要との見解を示したと伝えたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

報告書「ボイス・オブ・アジア2017年9月版(Voice of America 2017 september)」によると、フィリピン人の年齢の中央値は24.6歳と、東南アジア全体の29.1歳、アジア全体の31.0歳より若い。

高齢化のスピードも緩やかで、65歳以上の人口がアジア全体では40年後に20%前後に拡大するのに対して、フィリピンでは8.0%にとどまると予想する。

ただ、フィリピンは若い労働力が豊富な一方、競争力のある人材が相対的に少ない。デロイト・フィリピン(Deloitte Philippines)のエリック・ランディコ(Eric Landicho)最高経営責任者(CEO)は、PSA(Philippine Statistics Authority/フィリピン統計庁)のデータを引用しながら、労働人口の25.4%に相当する999万人が必要な技能を習得していないと指摘する。

ランディコ氏は、看護、資産運用、保険の業務で今後、人材の需要が高まると予想した上で、「技術革新の波は医療分野にも及んでいる。たとえ看護師であっても、デジタル技術を使いこなせるよう準備しておかなければならない」と話し、若者に対する教育の必要性を強調したと伝えた。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.