2017-10-18

世界で初めて、イタリアのオークションがBitcoinでビットできる。

モバイル・マネー

ArtDailyは2017年10月20日に、1969年にトリノで創設されたイタリアのオークション・ハウスSant'Agostinoは、2017年10月18日水曜日に、次の競売で世界で初めて、Bitcoinでオークションに参加できると伝えたと報告した。

来週早く、約600のイタリアと外国のデザイン作品が、オークション・ハウスSant'Agostinoのハンマーの下でオークションにかけられ、仮想通貨Bitcoinは、オークションでの支払いが認められるという。

さらに、11月の終わりには、宝石類と時計のオークションが開催され、そこでも仮想通貨Bitcoinは、オークションでの支払いが認められる。

それは、時になん億円の取引になるかもしれない。

現実の世界での使用は常に増大しているけれども、中国など、一部の国や、中央銀行は、Bitcoinは一般に適切な通貨と認められない。

しかし、現実にそれを認めないことは、時代遅れになり始めている。

それは、買手と売り手を識別するユニークな英数字ストリングを含むトランザクション詳細を公然と記録するブロックチェーン・テクノロジーを通して売買される。それは、銀行と会社の間の通貨テクノロジーとして、増大得ている。

2009年のその作成以来、ふらつき突入の期間があったけれども、伝統的な通貨に対するbitcoinの価値も指数的に上がる。

それは年の開始以来、US$966から急増し、先週US$5,000を初めて突破した。

今中国では、共産党大会が開かれているが、このまま後進国として、世界が中国の元を認めないままでいいのだろうか?

中国のglobaltimes.cnも、この事件を動画で紹介した。

世界中が大騒ぎになっている。