2017年10月17日

オランダで、世界で初の3Dプリンター製作の橋が開通。

未来アートファッション研究調査

AFPは2017年10月18日に、オランダ南東部ノルドブランバント州ヘーメルト(Gemert, Noord-Brabant province)で2017年10月17日に、世界で初めて3Dプリンターで製作されたコンクリート製の橋が開通した。

橋は自転車を利用する人向けで、開通式では当局の職員らが自転車でこの橋を通行した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

アイントホーフェン工科大学(Eindhoven University of Technology)によると、橋はあらかじめ圧縮応力を加えられ強化されたコンクリート(プレストレストコンクリート)でできており、製作には約3か月かかったという。重ねられたコンクリートの層は約800。橋の全長は8m。

3Dプリンターで橋を製作する利点の一つは、型を使った従来の技法に比べて必要な部分にのみコンクリートを使うので、コンクリートの量が格段に少なくて済むことだという。

3Dプリンター製作の階段はいいかもしれない。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。