2017-10-18

オーストラリアは銃器輸入で世界6位!輸出は13位。

犯罪と裁判

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月18日に、オーストラリアの新聞「シドニー・モーニング・ヘラルド(Sydney Morning Herald)」からの情報としてスイスに拠点を置く独立系調査機関が実施する「小型武器実態調査(Small Arms Survey)」で、オーストラリアは銃器輸入の規模で世界6位につけたことが分かった。

銃器の輸出規模でも世界13位、武器取引の透明性では25位となっている。と報じた。

2014年のデータを基に実施した「小型武器実態調査」では、銃器輸入は米国が首位に立ち、これにカナダ、インドネシア、サウジアラビア、ドイツが続いた。

オーストラリアでは、1996年にタスマニア州で男が銃を乱射し、35人が殺害されたポートアーサー事件(The Port Arthur Massacre)後、厳格な銃規制法が導入されたが、2011年から14年の間に銃器輸入が安定して増えたという。

「小型武器実態調査」によれば、オーストラリアとニュージーランド、太平洋諸島諸国を含むオセアニア地域全体では、小型武器の輸入額は2001年のUS$7,400万(約83億円)から2014年にはUS$2億700万に達しており、2014年には前年比で12%増を記録。オセアニア域内でオーストラリアは最大の輸入国となっている。

シドニー大学の銃器政策研究所「Gunpolicy.org」のフィリップ・アルパーズ所長は、オーストラリアからの銃器輸出が多いことについて、「オーストラリアは先進国の中で唯一、銃器製造業を持たない国だが、オセアニア域内の銃器取引ハブとして機能しており、輸入された武器が域内に多量に輸出されている」と分析した。

2017-10-05---サウジアラビアは、大量の米国製とロシア製の兵器を持っている。
2017-08-27---モスクワ郊外の武器の博物館。
2017-05-21---孫正義が10兆円ファンドで話し合っているとき、トランプは武器12兆円を売った!
2016-06-28---CIAが供給した武器は、闇市場に横流し!
2016-05-28---テキサスで、ブタ血に浸けた弾丸でイスラム教徒を撃つトレーニング中!
2016-05-13---米国の黒人少年射殺した拳銃のオークションで高騰。
2016-03-13---イギリスの海兵隊は、伝統的なSA80をより強力なライフルに取り変えた。
2016-03-01---防犯ビデオがとらえた、非常識な銃器店強奪ギャング団。
2015-12-26---今年、アメリカの警察は約1,000人を撃ち殺した。
2015-12-09---歴史が無いのに、過去の歴史にこだわるアメリカの銃社会!
2015-12-08---イラクとシリアのISテロリストは、イギリスが中東に輸出した武器を使う!?
2015-12-07---ISISは、私達の武器を使っている。
2015-12-06---米国全体で、銃の販売が急速に加速している。
2015-12-04---米国、銃器の通販専門チャンネル「GunTV」を開局。
2015-12-02---米国、国内大量銃撃殺戮は2015年12月02日までの336日間で355件。
2015-11-17---2,000人以上のテロ容疑者は、米国で武器を合法的に買っていた。
2015-10-02---アメリカは、1年間で30,000人以上が、銃で殺される国。
2015-09-16---アラブのテロリストに使わせない。十字架と福音を彫り込んだライフルを発売!
2014-12-10---ピュー投票によって、銃権利のためにサポートが、過去21年で最高になった。
2014-06-02---米国で拳銃販売は熱気!
2014-05-31---米国の武器と大量射殺。
2013-09-18---スターバックスと拳銃!
2013-06-14---銃規制を真面目に受けとめることができない米国。
2013-01-27---世界の銃刀法。
2013-01-21---グルーポンは銃関連の取り引きをすべて拒否した。
2013-01-18---キング上院議員は攻撃用半自動火器禁止法案に乗り気ではない。
2013-01-09---アメリカ思想!より多くの銃が、より多くのアメリカ人の命を救う?
2012-12-19---2012年の引用された面白い名言集。
2012-12-14---コネチカット学校で、また銃乱射、27人死亡!
2010-06-17---米国は、中国、北朝鮮の核攻撃を検討していた!