2017-10-18

北朝鮮の核実験場、「山疲労症候群」?!

自然

AFPは2017年10月18日に、北朝鮮が2017年09月実施した通算6回目となる過去最大の核実験により、北朝鮮北東部豊渓里(Punggye-ri)にある核実験場が「Tired Mountain Syndrome(山疲労症候群)」とされる地質状況にある可能性があると、米国のジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)のシンクタンク「米韓研究所(US-Korea Institute)」の北朝鮮分析サイト「38ノース(38 North)」が2017年10月18日に、明らかにした。

だが、そうした状況にもかかわらず、この核実験は放棄されていないとみられるという。

北朝鮮による6回の核実験のうち、初回を除く5回は豊渓里の実験場の山の地下で行われてた。

6回目の核実験が行われた2017年09月03日以降、この実験場付近ではこれまでに小さな揺れが3回観測されている。

これまでの実験の影響により、この核実験場はさらなる地下核実験には適していない可能性があるとの報道もある。

「山疲労候群は岩」に囲まれた地域で行われる地下核実験による影響を表す呼び名で、実験により周りの岩場は広範囲にわたってひび割れ、雨水や地下水などを透過しやすくなることを意味しているという。

「38ノース」によると、6回目の核実験による影響は爆心地から約1.4kmまで広がっている可能性があり、「山疲労症候群」による影響が懸念されるという。

ただ、「38ノース」は「米国のネバダ(Nevada)州の核実験場で行われた米国の核実験の歴史によって、実験後に揺れが起きることは珍しいことではないと証明されている」とも言及し、専門家らも豊渓里付近での揺れについて「驚くことではない。」と語っている。

しかし、専門家らはネバダ核実験場では1992年まで核実験が続けられたこと、さらに豊渓里には未使用の地下施設が2か所あることを指摘し、北朝鮮が同地での核実験を放棄するだろうとの期待はしないほうがいいと述べている。

北朝鮮北東部豊渓里(Punggye-ri)の緯度、経度
41°16'41.49"N,129° 5'14.70"E

2017-09-23---北朝鮮で、マグニチュード3.5の揺れ!
2017-09-04---韓国国防省、北朝鮮の核爆発規模は推定50キロトン
2017-09-03---北朝鮮が6回目の核実験か?
2017-09-03---BRICS首脳会議の開幕式が始まる約4時間前に、朝鮮核実験第一報!
2017-09-03---河野外相、「北朝鮮が核実験実施と断定」
2017-09-03---北朝鮮が、水爆実験に「完全に成功」と発表!
2017-09-01---プーチン大統領、北朝鮮めぐる「大規模な衝突」を警告!
2017-09-01---フランスの外相、北朝鮮は「数か月以内」に米欧への核攻撃能力を獲得!
2017-08-29---今朝。北朝鮮ミサイルが日本上空を通過し、落下した!
2017-08-14---金正恩、米の振る舞い「もう少し見守る」と、ミサイル発射延期示唆。
2017-08-09---北朝鮮「ミサイル4発、日本上空を通過」、グアム沖30〜40kmに着弾!?
2017-05-22---中国が、北朝鮮に対応で「100日」の猶予求めていた。
2017-04-29---北朝鮮のミサイル発射情報で、一部公共交通機関運転見合わせ!
2017-04-29---北朝鮮、警戒体制の中で、弾道ミサイル発射!空中爆発!!
2017-04-19---円が安全資産でなくなる日!東京オリンピックが再度消える。
2017-04-15---北朝鮮がミサイル発射、直後に爆発?
2017-04-15---トランプ、北朝鮮対応で、安倍首相に「事前に相談」
2017-04-14---中国外相王毅、北朝鮮をめぐる衝突は「いつでも起こり得る」
2017-04-14---中国、北朝鮮問題で、こんどはロシア?
2017-01-01---金正恩委員長が新年の演説で、「ICBM発射実験の最終段階」
2016-12-27---脱北外交官が初会見で、来年は核開発の「絶好のタイミング」と認識。
2016-09-13---米軍の北朝鮮脅迫!24発の原爆投下可能な戦略爆撃機飛行!
2016-09-13---北朝鮮、豊渓里3番坑道でも核実験準備完了している。
2016-09-11---韓国軍当局。核使用兆候あれば平壌一部を集中攻撃?
2016-09-09---北朝鮮北東部でマグニチュード5.1の地震は、4回目の核実験で水素爆弾。
2016-03-11---金正恩、「さらなる核実験」を命令!
2016-01-13---習近平国家主席が、金正恩を非難できない理由。
2016-01-06---北朝鮮北東部でマグニチュード5.1の地震は、水素爆弾の実験。
2015-12-18---2016年に起こりそうな戦争の激突!
2015-01-22---真夜中の3分間。科学者の警告は、世界が『地球最後の日』により近くに動いている。
2013-02-18---イスラエルの首相,北朝鮮の原爆実験はイランの予備実験!
2013-02-14---オバマ米国大統領は、北核実験で金正日を苦しめた「BDA式制裁」検討。
2013-02-12---韓国国防部、北朝鮮が核実験を強行と推定した。
2013-02-12---北朝鮮の過去最大の核実験。
2013-02-12---北朝鮮の核実験で、アジア市場はどう動いたか!?
2013-02-03---北朝鮮は、軍隊強化ガイドラインを発行。
2013-02-02---北朝鮮は、米国のダブルスタンダードに報復すると言った!
2013-01-30---韓国もロケットで衛星を打ち上げた!
2013-01-27---北朝鮮の核脅威に続いた警告。
2013-01-25---衛星画像から、北朝鮮は核実験の準備はできている!
2013-01-21---北朝鮮のロケットは、ほとんど国内で作られた。
2013-01-14---北朝鮮は、3回目の核実験機運が上昇するとともに戦争要塞を強化を誓った。
2013-01-01---北朝鮮の金正恩は、珍しい新年スピーチを行った。
2012-12-13---北朝鮮は、ロケット打ち上げビデオを公開!
2012-12-12---北朝鮮は、警告を無視し、ロケット打ち上げ成功!
2012-12-10---北朝鮮は、予測通り、ロケットの打ち上げ時間を拡張!
2012-12-07---北朝鮮のロケット打ち上げ基地、豪雪!
2012-12-06---米国は、北朝鮮の打ち上げに先立って「危険」と言った。
2012-12-04---北朝鮮は、国連シッピング・エージェンシーにロケット計画を申請!
2012-12-02---中国は、北朝鮮のロケット打ち上げ計画に関心を持った!
2012-12-01---北朝鮮は、まもなく長距離ロケットを打ち上げるだろうと言った。
2012-11-29---北朝鮮と韓国のロケット競争!
2012-04-30---米国と日本、北朝鮮の「挑発は終了」と警告。
2012-02-23---米国と北朝鮮は核会談を実施。
2012-01-20---北朝鮮が、新しいリーダーのために核実験をすると言った。
2010-12-15---北朝鮮は、3回目の核実験を3月にセットした!?
2010-06-10---韓国の宇宙ロケット「羅老(ナロ)号」、打ち上げ2分後に爆発。
2010-06-10---韓国が衛星打ち上げのカウントダウンに入った!打ち上げはもうすぐである。
2009-08-25---韓国の羅老号は打ち上げ成功し、軌道進入に失敗した。
2009-08-01---北朝鮮の核問題が深刻化すれば、日本も核武装?
2009-07-16---韓国初の衛星搭載ロケット「羅老号」の打ち上げ延期。
2009-06-21---米国が攻撃したら、北朝鮮は核兵器で米国を攻撃!?
2009-06-13---北朝鮮が、ウラン濃縮作業に着手し、武器化すると宣言した。
2009-05-25---北朝鮮、2回目の核実験実施!
2009-04-05---オバマ大統領がプラハで、「核兵器のない世界」を宣言した。
2006-10-18---北朝鮮の原爆実験場所を特定。
2006-10-09---北朝鮮の朝鮮中央通信は、地下核実験を実施したと報告した。