on-the-time.jp

2017年10月15日

中国の航空機「ただ乗り」不正拡大で、通行証廃止!

観光経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月17日に、北京日報などからの情報として、民航局(中国民用航空局)は2017年10月15日から、管制官や航空会社の運航管理者などを対象とした航空機搭乗許可証(飞机搭乘准许证)「公務乗機通行証((公务乘机通行证)」の発給と使用を停止したと報告した。

航空機搭乗許可証は当初、航空機の安全性向上を目的に、安全運航に関わる職種の従事者へ発給を開始した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

業務に関する任務書と航空機搭乗許可証があれば無料で航空機への搭乗を認めていたが、一部地域ではずさんな審査で整備士の親族に発給するなど不正利用が広がっていた。

そういえば以前、日本でも同じようなものがあって、私のために用意しようかと言われてことがある。
私は、飛行機に乗るときは料金を払うので大丈夫ですと、断ると、怪訝な顔をされた!

どちらが、犯罪者なのか?

航空関係には、不愉快な人種がいると感じたことがある。

そういう特権意識が経営を苦しくした。

そんな会社に救済金を払うような政府はいらない。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告