2017年10月15日

中国の航空機「ただ乗り」不正拡大で、通行証廃止!

観光経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月17日に、北京日報などからの情報として、民航局(中国民用航空局)は2017年10月15日から、管制官や航空会社の運航管理者などを対象とした航空機搭乗許可証(飞机搭乘准许证)「公務乗機通行証((公务乘机通行证)」の発給と使用を停止したと報告した。

航空機搭乗許可証は当初、航空機の安全性向上を目的に、安全運航に関わる職種の従事者へ発給を開始した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

業務に関する任務書と航空機搭乗許可証があれば無料で航空機への搭乗を認めていたが、一部地域ではずさんな審査で整備士の親族に発給するなど不正利用が広がっていた。

そういえば以前、日本でも同じようなものがあって、私のために用意しようかと言われてことがある。
私は、飛行機に乗るときは料金を払うので大丈夫ですと、断ると、怪訝な顔をされた!

どちらが、犯罪者なのか?

航空関係には、不愉快な人種がいると感じたことがある。

そういう特権意識が経営を苦しくした。

そんな会社に救済金を払うような政府はいらない。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。