2017年10月17日

なぜ「達磨院」と名付けたか?

教育研究調査宗教

AFPは2017年10月17日に、1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳した情報として、阿里巴巴(アリババ/Alibaba)集団が科学研究実験室「達磨院(达磨院/Damo)」の設立を発表した。

中国人の多くは、少林武術ゆかりの地を思い浮かべる。まさか、「掃地僧(扫地僧)」と呼ばれる修道僧たちが、インテル(Intel)や、マイクロソフト(Microsoft)、IBMといった巨大なライバルたちを超越する手助けになるというのだろうか?と報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

馬雲(Jack Ma/ジャック・マー)会長を含むアリババの創業メンバーはみな、中国の人気作家金庸(Jin Yong)の武侠小説の大ファンである。

2016年03月、金庸が92歳の誕生日を迎えた時に、マー会長はお祝いのコメントで「創業当時、メンバーの18人中16、7人は金庸小説の豊かな想像力、ロマンと義侠精神にあふれた世界の大ファンでした。特に男気あふれる義侠精神には深く影響を受けたので、アリババの企業文化にも深く根付いています。」と話した。

その言葉通り、2004年に唱えたアリババの六つの企業精神を、金庸の武侠小説『天竜八部(天龙八部Tianlongbabu)』に出てくる、習得が難しいとされる技の名と同じ「六脈神剣(六脉神剑/LiumaiShenjian)」と名付けた。
また、社内のすべてのオフィスに「光明頂(光明顶/Guangmingding)」「桃花島(桃花岛/Taohuadao)」「聚賢庄(聚贤庄/Juxianzhuang)」「侠客島(侠客岛/Xiakedao)」など、金庸小説に登場する武術の聖地の名前が付けられている。

さらによく知られているのが、アリババのニックネーム文化。社員はみな持っている。例えばマー会長は、金庸の武侠小説『笑傲江湖(Xiaoaojianghu)』の登場人物にちなみ「風清揚(风清扬/Fengqingyang)」。張勇(张勇/Zhang Yong)CEOは『天竜八部(天龙八部)』から「逍遥子(Xiaoyaozi)」と名付けられた。

「達磨院」は、発表の2週間前にマー会長が名付けた。
マー会長は、その時のことを「どうして必ず『研究院』だとか『実験室』と名付けなければならないのか。どうして自分で作った名前ではいけないのか? 中国語で『達磨院』、英語では『Damo』。口に出していくうちにだんだん好きになるよ。『Yahoo』や『Google』だって、最初は変な名前だなって思ったでしょう?」と話した。

少林武術における重要な聖地は数多くあるが、「達磨院」は聖地中の聖地である。
言い伝えによると、少林寺の「達磨院」はかつて菩提達磨(菩提达磨/Bodhidharma)が修行し武術を磨いた場所とされている。

アリババは「達磨院」と名付けた実験室が、武者の品格「侠之大者(訳:勇気を持って正しい行いをする者)、利国利民(訳:国家と国民のために)」を貫くことを願っている。

金庸の小説『天竜八部』の中で、「掃地僧」は少林寺に隠居していた少林武術を極めた人物として描かれている。

「達磨院」の設立にあたって、10人の学術顧問委員会メンバーが発表された。人工知能(AI)の権威マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)や、ヒトゲノム計画(Human Genome Project)のリーダー的存在であるジョージ・チャーチ(George Church)なども含まれ、最高学術顧問機関として研究内容や重要発展項目、重要プロジェクトと目標などについてアドバイスをする。将来は委員会メンバーもさらに増えるであろう。

マー会長は今後3年間で達磨院に1000億元(約1兆7036億円)の技術研究開発費用を投資すると発表したが、この1000億元は単なる初期運用資金で、世界の人材を集めるために使われる。将来は「達磨院」は自立し、「托鉢」(たくはつ)するようになるという。

問題は、この「達磨院」がどのようにしてインテルやマイクロソフト、IBMを抜き去って盟主となるのか、である。

ライバル社の一つであるマイクロソフトは現在、七つの研究院を所有している。米国、中国、インドなどに1000人を超える科学者やエンジニア、デザイナーを抱え、中には数々の名誉ある賞に輝いた人物もいる。1991年にマイクロソフト・レドモンド研究院'Microsoft Redmond Research Lab)を設立してから26年間で、23000本以上もの論文を発表している。

マイクロソフト・レドモンド研究院は主に、アルゴリズムやコンピュータービジョンを含む18分野で研究開発を進めている。これらの研究は、個人の健康からエネルギー、環境など世界の問題におよぶユーザーが思いつくほぼすべての分野を網羅している。

しかし、先進的な科学研究には膨大な資金が必要だ。マイクロソフトのような大企業が研究院を運営する場合も例外ではない。「達磨院」はプラットフォームを通じて多くの産業と結びつき、テクノロジーの分野で主導的地位を得るだけでなく、同時に「自給自足」の実現を目標としている。

アリババグループのCTO(最高技術責任者)で「達磨院」主任院長の張建鋒(张建锋/Zhang Jianfeng)は、「『達磨院』はプラットフォームを提供することでたくさんの人材を集め、まずは基礎を固める。さらにアリババが提供するクラウドサービスのアリクラウド(Aliyun)を通じてもっと多くの顧客へサービスを提供し、たくさんの業界とつながることを目指す。」と話している。

多くの人が達磨を描き、達磨を彫り、それぞれの達磨がある。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト