2017年10月11日

犬が大好きなプーチン大統領、中央アジア原産の牧羊犬が贈呈された。

政治

AFPは、ロシアを訪問中の中央アジア・トルクメニスタンのグルバングルイ・ベルドイムハメドフ(Gurbanguly Berdymukhamedov)大統領は2017年10月11日に、ロシア南部ソチ(Sochi)でウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)ロシア大統領との会談に臨んだ。

その席でベルドイムハメドフ大統領は、地元で「アラバイ(Alabai/Central Asian Shepherd)」という名で知られる中央アジア原産の牧羊犬をプーチン大統領に贈呈した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

「アラバイ」は「中央アジア・シェパード(Central Asian Shepherd)」とも呼ばれる大型犬である。

写真で見る限り、プーチン大統領はメロメロで、新しい愛犬が増えたようである。

しかし、プーチン大統領は、ドイツのメルケル首相が官邸を訪問した時、大型犬で脅したことがあり、安倍首相が官邸を訪れた時は、秋田犬で出迎えた。

プーチン大統領は、愛犬を政治的にも活用している。

2016-12-14---プーチンは来日前に、秋田犬「ゆめ」をお披露目。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト