gaYa広告

2017年10月11日

インド最高裁、夫婦でも未成年者との性交渉、レイプに該当。

犯罪と裁判性とメディア

AFPは、インドの最高裁判所(Supreme Court of India)は2017年10月11日に、未成年者との性交渉はたとえ夫婦間でもレイプに該当するとの判断を下したと報告した。

一部のレイプ犯が刑罰を逃れるために用いていた法的な抜け穴をふさいだ。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

インドの法律では、女性が性交渉・結婚できる年齢を18歳以上と定めている。

しかし、特に貧しい地方部を中心に数百万人の子どもが、それよりもずっと幼い年齢で結婚させられている。

インドの強姦罪は、結婚している男女は対象としていない。

それ故、昔から同意のない未成年者との性交渉でも、夫婦間ではレイプとみなされてこなかった。

しかし今回、インドの最高裁判所は、それが、性交・結婚が法的に認められる承諾年齢に関するインドの厳格な法律に矛盾すると指摘した。

警察は今後、被害者が18歳未満で、事件から1年以内に告訴を行った場合には、配偶者間での強姦事件として起訴しなければならないと述べた。

この問題を最高裁に申し立てた弁護士のビクラム・スリバスタバ(Vikram Srivastava)は、インドの最高裁判所の判決を歓迎し、子どもの犠牲者をいくらか守ることにつながるだろうと述べた。

ビクラム・スリバスタバは現地の報道専門局NDTVに対するコメントで、今回のインドの最高裁判所の判断によって、男性が18歳未満の少女と結婚している場合でも、その少女が性交から1年以内に告訴すれば、その男性は強姦罪で起訴される可能性があると語った。

結婚を隠れ蓑にした性犯罪は、インドだけではない。

世界中のメディアが、この判決を賞賛しているが、日本のマスメディアは児童買春したそのまんま東をテレビに出演させている。

本人はテレビで、自分が性犯罪者だと自慢している。

インドの最高裁判所(Supreme Court of India)の緯度、経度
28°37'20.1"N 77°14'22.5"E
または、
28.622237, 77.239584

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。