2017年10月11日

インド最高裁、夫婦でも未成年者との性交渉、レイプに該当。

犯罪と裁判性とメディア

AFPは、インドの最高裁判所(Supreme Court of India)は2017年10月11日に、未成年者との性交渉はたとえ夫婦間でもレイプに該当するとの判断を下したと報告した。

一部のレイプ犯が刑罰を逃れるために用いていた法的な抜け穴をふさいだ。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

インドの法律では、女性が性交渉・結婚できる年齢を18歳以上と定めている。

しかし、特に貧しい地方部を中心に数百万人の子どもが、それよりもずっと幼い年齢で結婚させられている。

インドの強姦罪は、結婚している男女は対象としていない。

それ故、昔から同意のない未成年者との性交渉でも、夫婦間ではレイプとみなされてこなかった。

しかし今回、インドの最高裁判所は、それが、性交・結婚が法的に認められる承諾年齢に関するインドの厳格な法律に矛盾すると指摘した。

警察は今後、被害者が18歳未満で、事件から1年以内に告訴を行った場合には、配偶者間での強姦事件として起訴しなければならないと述べた。

この問題を最高裁に申し立てた弁護士のビクラム・スリバスタバ(Vikram Srivastava)は、インドの最高裁判所の判決を歓迎し、子どもの犠牲者をいくらか守ることにつながるだろうと述べた。

ビクラム・スリバスタバは現地の報道専門局NDTVに対するコメントで、今回のインドの最高裁判所の判断によって、男性が18歳未満の少女と結婚している場合でも、その少女が性交から1年以内に告訴すれば、その男性は強姦罪で起訴される可能性があると語った。

結婚を隠れ蓑にした性犯罪は、インドだけではない。

世界中のメディアが、この判決を賞賛しているが、日本のマスメディアは児童買春したそのまんま東をテレビに出演させている。

本人はテレビで、自分が性犯罪者だと自慢している。

インドの最高裁判所(Supreme Court of India)の緯度、経度
28°37'20.1"N 77°14'22.5"E
または、
28.622237, 77.239584

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。