2017年10月11日

インド最高裁、夫婦でも未成年者との性交渉、レイプに該当。

犯罪と裁判性とメディア

AFPは、インドの最高裁判所(Supreme Court of India)は2017年10月11日に、未成年者との性交渉はたとえ夫婦間でもレイプに該当するとの判断を下したと報告した。

一部のレイプ犯が刑罰を逃れるために用いていた法的な抜け穴をふさいだ。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

インドの法律では、女性が性交渉・結婚できる年齢を18歳以上と定めている。

しかし、特に貧しい地方部を中心に数百万人の子どもが、それよりもずっと幼い年齢で結婚させられている。

インドの強姦罪は、結婚している男女は対象としていない。

それ故、昔から同意のない未成年者との性交渉でも、夫婦間ではレイプとみなされてこなかった。

しかし今回、インドの最高裁判所は、それが、性交・結婚が法的に認められる承諾年齢に関するインドの厳格な法律に矛盾すると指摘した。

警察は今後、被害者が18歳未満で、事件から1年以内に告訴を行った場合には、配偶者間での強姦事件として起訴しなければならないと述べた。

この問題を最高裁に申し立てた弁護士のビクラム・スリバスタバ(Vikram Srivastava)は、インドの最高裁判所の判決を歓迎し、子どもの犠牲者をいくらか守ることにつながるだろうと述べた。

ビクラム・スリバスタバは現地の報道専門局NDTVに対するコメントで、今回のインドの最高裁判所の判断によって、男性が18歳未満の少女と結婚している場合でも、その少女が性交から1年以内に告訴すれば、その男性は強姦罪で起訴される可能性があると語った。

結婚を隠れ蓑にした性犯罪は、インドだけではない。

世界中のメディアが、この判決を賞賛しているが、日本のマスメディアは児童買春したそのまんま東をテレビに出演させている。

本人はテレビで、自分が性犯罪者だと自慢している。

インドの最高裁判所(Supreme Court of India)の緯度、経度
28°37'20.1"N 77°14'22.5"E
または、
28.622237, 77.239584

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。