2017-10-10

個人所有の最後のレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画、売り出される。

アート経済

ArtDailyは2017年10月11日に、個人のコレクターが所有する最後のレオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo Da Vinci/1452 - 1519)の絵画が、2017年11月にニューヨークのクリスティーズ(New York, the Christie's auction house)で、競売にかけられると、2017年10月10日火曜日に言い、クリスティーズではUS$1億と予測している。

競売にかけられるのは、約1500年頃の世界の救助者としてイエス・キリストを描いた作品「Salvator Mundi」で、この作品は、本物と保証されるまで、長い間、イタリアで、オリジナルのコピーであると信じられていた。

まだ疑っている人もいることだろう。

レオナルド・ダ・ヴィンチが生涯で描いた20点以下の残存する作品、「Salvator Mundi」を除いて、全て美術館か公共のコレクションに収まっている。

一般に、19世紀前のアートワークは個人所有にほとんどとどまらず、それは、オークションで提供されるうちの1つのため、極めてまれである。

オークションは、2017年11月15日に予定され、ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を60回描いたポップ・アーティストのアンディ・ウォーホル(Andy Warhol)による大規模な「60の最後の夕食(Sixty Last Suppers)」の販売から始まる。

クリスティーズは、これをUS$5000万と見積り、提供されると言われている。

つまり、「Salvator Mundi」の半額!アメリカは、アメリカ人の作品を高くしすぎて、面白みがなくなっている。