on-the-time.jp

2017年10月09日

トランプ大統領の元妻と現妻、 「私がファーストレディー」騒動。

人物

AFPは2017年10月10日に、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米国大統領の最初の妻で、68歳のイバナ・トランプ(Ivana Trump)がテレビのインタビューで口にした冗談を受けて、47歳の現在の妻メラニア(Melania Trump)夫人は2017年10月09日に、米国のファーストレディー(大統領夫人)は自分だけだと世界に声明を発表した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

イバナ・トランプは新著「Raising Trump(トランプ家の子育て)」に合わせて行われた米国のABCニュース(ABC News)のインタビューの中で、第45代米大統領である元夫のトランプとの長期間にわたった関係に触れ、「ホワイトハウス(White House)の直通番号は知っていますけど、彼に電話する気はありませんよ。だってメラニアがいるんだもの。やきもちを焼かせたりしたくないですからね。いずれにしてもトランプの最初の妻は私なんだから。そうでしょ?私がファーストレディー(最初の妻)なのよ。そうでしょ?」と笑いながら話した。

だがメラニア夫人の方は、この発言を断固正す必要があると感じたようだ。

メラニア夫人の代理人ステファニー・グリシャム(Stephanie Grisham)は米国のCNNを通じて、
「トランプ夫人は息子のバロン(Barron Trump)君と大統領のためにホワイトハウスを家庭にした。」
「彼女(メラニア夫人)は首都ワシントン(Washington D.C.)での生活を気に入っており、米国のファーストレディーという役割を誇りに思っている。」
「著書を売るためではない。彼女は自身の肩書と役割を子どもたちのために役立てようとしている。」と述べ、
「(大統領の)元妻の一人によるこの発言に論評すべき内容がないのは明らかであり、残念ながら注目を集めるための利己的な雑音にすぎない」と冷然とした声明を発表し、切り捨てた。

トランプ大統領はイバナとの間に長男のドナルド・トランプ・ジュニア(Donald Trump Jr)、長女イヴァンカ(Ivanka Trump)、次男エリック・トランプ(Eric Trump)の3人の子どもをもうけたほか、2番目の妻で女優のマーラ・メイプルズ(Marla Maples)との間に娘のティファニー(Tiffany Trump)がいる。

3番目の妻で現夫人のメラニアとの息子バロンは、トランプ大統領、メラニアさと共にホワイトハウスで暮らしている。

イヴァンカも歳をとると、こうなるのかな〜すでにかなり整形しているという話もある。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告