on-the-time.jp

2017年10月09日

フランスで、オオカミに殺される動物は年間1万匹以上。

自然

AFP/Sandra Laffont with Hervé Gavard in Cornus and Julie Pacorel in Prads-Haute-Bléoneは2017年10月10日に、オオカミが再びフランスの山々を歩き回っていると聞いて動物愛護家らは喜ぶかもしれない。一方で、オオカミによるヒツジへの攻撃が増えている事態を受け、農家はオオカミの駆除を主張していると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

2016年にオオカミに殺された動物の数は1万匹を超えるとの当局の発表を受け、フランスのリヨン(Lyon)で2017年10月09日に、通りを埋め尽くすほどのヒツジを連れた大勢の農家が対策強化を求める抗議デモを行った。

オオカミによる攻撃は主にアルプスや南部で発生しており、ヨーロッパで保護の対象となっているタイリクオオカミ(学名:Canis Lupus)を徹底的に擁護する動物愛護活動家らと農家との間で激しい論争が巻き起こっている。

フランスでは、1930年前半に絶滅したとされるまで、オオカミは一般的な存在だった。1990年代初めに再び自然と姿を現し、現在の生息数はおよそ360匹とされる。

そういえば、スイスのジュネーブに向かう途中で、農夫がオオカミを捕まえて飼っていた。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。