gaYa広告

2017年10月09日

アサヒ・グループ、マレーシアでハラル乳製品工場に拡張。

食品宗教

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月09日に、マレーシアの新聞「The Star」からの情報として、アサヒ・グループ・ホールディングス傘下で、マレーシアで飲料製造を手掛けるエチカ・グループ・オブ・カンパニーズ(Etika Group of Companies)は、スランゴール州(Selangor/سلنجور)メル(Meru)の乳製品工場に過去2年で1億リンギ(約26億6,700万円)を投じたことを明かした。設備拡張で、乳製品需要の拡大に備える構えと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

エチカ・グループ・オブ・カンパニーズのエウィン・シルバラジャ最高経営責任者(President and CEO of Etika, Erwin Selvarajah)によると、今回の設備投資で先進的な自動化技術を取り入れ、生産の効率化を図った。エウィン・シルバラジャCEOは、工場の新ラインの披露セレモニーで、「当グループのハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)乳製品製造ハブとしての準備が整った」と自信を示した。

エチカは現在、「グッデイミルク(Goodday Milk)」「デイリー・チャンプ(Dairy Champ)」ブランドを含む乳飲料の生産を、マレーシア国内のほかインドネシアとベトナムでも行っており、輸出先は30カ国に上る。マレーシア国内での年間売上高は10億リンギに達している。

エチカは、飲料12カテゴリーを擁するマレーシア唯一の総合飲料メーカーで、「グッデイミルク」のほか、アサヒの缶コーヒーブランド「WONDA」や清涼飲料「カルピス」、ペプシコーラなどが主力商品となる。

全アラビに輸出できるハラル乳製品工場「グッデイミルク」と「デイリー・チャンプ」

そういえば、マレーシア人のオリンピック選手であった友人は、飲み物で苦労していた。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。