2017年10月02日

いすゞ、タイの新車販売満足度で3年連続首位!

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月04日に、米国系調査会社JDパワー・アジア・パシフィック(J.D. Power Asia Pacific, Inc.)が2017年10月02日に発表したタイの2017年のSSI(Sales Satisfaction Index/新車販売満足度)で、いすゞ自動車が、販売店の設備、契約交渉、販売員などで高評価を得て、3年連続の首位となったと報告した。

調査は2016年08月〜2017年04月に新車を購入した2,458人を対象に、2017年02〜06月に実施した。「納車手続き」「販売店設備」「販売手続き」「契約交渉」「納車時期」「販売員」の6項目を指数化した。

満点は1,000点。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

いすゞは前回から10ポイント上昇の832点。
マツダが21ポイント上昇の827点で前回の5位から2位に浮上し、トヨタ自動車が10ポイント上昇の824点、スズキが10ポイント上昇823点などと続いた。

平均は11ポイント上昇の822点。契約交渉が16ポイント上昇の809と大きく改善した。

「割引や特典・最低価格の提示」を購入の最大の判断材料と答えた人は全体の27%で、最も多かった。

「価格交渉をした」と答えた人は8ポイント上昇の48%で、「割引を受けた」は14ポイント上昇の66%。JDパワーは、新車購入の平均的な支出額が下がったとの見方を示している。

JDパワーのシロス・タイ支部マネジャーは「購入を検討している人を顧客とするためには、割引や特典の付与が引き続き重要となっている。」と指摘した。

消費者は複数のブランドを回って意思決定をする傾向が強く、インターネットによる情報収集をする人も増えているという。

ただし、このプレル・リリースはタイ語しか見つからなかった!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告