2017年10月03日

台湾の麗台と米国のNVIDIA、中国のAI人材育成で提携。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年10月03日に、蘋果日報などの情報から、グラフィックスカードを手掛ける麗台科技(Leadtek Research Inc. /リードテク・リサーチ)と、GPU(Graphics Processing Unit/画像処理半導体/グラフィクス・プロセッシング・ユニット)の世界大手のNVIDIA(エヌビディア)は、中国で進めるAI(Artificial Intelligence/人工知能)分野の人材育成で提携すると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

NVIDIAは、DL(Deep Learning/ディープラーニング/深層学習)分野を推進するための独自の取り組み「DLI(Deep Learning Institute/ディープラーニング・インスティテュート/深度學習學院)」を進めており、ワークショップなどを世界各地で開催している。麗台科技は、NVIDIAの中国法人からDLIに絡むパートナーに指定された。

2社はオンラインでのAI人材の育成や、AI関連の講師指導の討論会の開催などで協力する計画。

このうち討論会はDLI認定を擁する麗台科技の技術者が講師となり、中国全土でAIを用いた実験や講義を行う方針。
DLIの討論会は、AIに関する一般的な講座とは異なり、AIの技術面により特化したものになるとみられる。

麗台科技は長年、GPUソリューションとクラウドサービスに注力しており、近年では台湾の多数の教育機関や研究機関がGPUを使ったディープラーニング環境を構築する際の支援で成果を挙げていると伝えている。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。