on-the-time.jp

2017年09月25日

美白歯みがき剤「アパガード」、タイで10月に発売!

健康

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月26日に、薬用歯みがき剤を販売する東京都中央区のサンギは2017年09月25日に、美白歯みがき剤「アパガード」シリーズをタイで発売すると発表した。

海外での「アパガード」販売は6カ国目となる。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

サンギの担当者によると、ドラッグストア「マツモトキヨシ」で10月頃に販売を開始し、順次他の日系のドラッグストアなどで販売する。「アパガード」シリーズの価格帯は320〜680バーツ(約1,080〜2,310円)。製品は日本から輸入する。

タイでは日系のドラッグストアが多く展開しているのに加え、タイ人の歯の美白への関心が高いことから進出を決めた。「アパガード」は、サンギ独自の虫歯予防成分「薬用ハイドロキシアパタイト」を配合。近年は海外での需要が高まっており、2011年にロシアで海外展開を開始した。東南アジアではシンガポールで販売しており、順調に売り上げを伸ばしているという。

約1,080〜2,310円は高いだろう。
日本製なら、高くても売れるのかな〜こんな高いの買ったことがない。
私は30年以上「タバコライオン」禁煙しても粉の歯磨きが好きで〜

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト